2008年09月20日

岡田阪神 Gに優勝“トラ”れてたまるか

「巨人6-4阪神」(19日、東京ドーム)
 「伝統の一戦」にふさわしい激闘だった。優勝への流れを左右するGT決戦。その第1ラウンドを、阪神は落とした。中盤以降に打線が粘り強く追い上げたが及ばなかった。これで2位・巨人とは2ゲーム差。しかし勝負は3連戦だ。残り2試合、首位を走ってきた虎の意地を見せつけろ!!
  ◇  ◇
 右手を天に突き上げるクルーンの姿は見てなかった。ゲームセットの次の瞬間、岡田監督はくるりときびすを返してベンチを後にした。
 充血した目に怒りが宿る。首位攻防3連戦を前に「こういう場でできることを楽しんだらいい。結果はなるようになるんやから」と話した。この緊張感を存分に味わえばいいとグラウンドへ送り出した選手たち。だから、その逃げ惑う姿に我慢がならなかった。
 大事な初戦を任せたのは開幕投手など節目のマウンドを踏んできた安藤。日本中が注目する最高の舞台、エース襲名を世間に知らしめる絶好の機会であるにもかかわらず、実力を発揮できない。
 19歳の坂本に痛打を浴びた。二回に先制の三塁打を許し、四回には二死から高橋由、阿部を連続四球で走者をためた後、またしても左中間を破られた。
 「四球、四球やろう。怖がらんでええのに。二回もそうやし坂本は1安打しか打たれてない打者。ヒット1本しか打たれてないのに」
 今季ここまで12打数1安打とカモにしてきた若武者に、ことごとく打ちのめされる背番号16に指揮官は我慢がならなかった。
 返す刀で2番手・江草も斬った。安藤を四回であきらめ五回から投入したが、鈴木尚にカウント0-2から被弾。今季1本塁打の伏兵の一発に怒りが増幅された。
 「0-2にするからや。バット持ってるんやから。この前、1本打ったばかりのヤツでも飛んでいくのがここ。ずーっと言ってるのに代わった投手が0-2になる」
 巨人のオーダーを見ればずらりと一発のある打者が並ぶ。おまけに本塁打の出やすい東京ドーム。恐怖心が顔をのぞかせるのも分かるが、こちらはここまで1位を走ってきたチームだ。堂々と渡り合ってこそ、勝利を手にすることができるし、自分たち自身の成長も見込める。戦うことを恐れては何も始まらないのだ。
 最大13あったゲーム差はついに『2』まで縮まった。2位との差でいえば5月10日の1・5以来の最接近となった。
 帰り際「どっしりできんかのう」とつぶやいた。浮足立つことはない。残り2試合で倍返しすればいいのだから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080920-00000023-dal-base
************************************************************
初戦を落とすとはまずい流れになってしまいましたね。今日は絶対に負けられませんがさてどうなる?


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 17:08| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

清原 ラスト神戸は代打で三振

「オリックス7-1ソフトバンク」(18日、スカイマーク)
 スカイマークスタジアム今季最終戦。オリックス・清原が八回、9試合ぶりに代打出場を果たした。結果は三振に終わったが、ヘルメットを取って、大歓声を送ってくれたファンに謝意を示した。清原は06年の「クルーンからサヨナラホームランを打ったのも、サヨナラの日本記録(20度目、12本塁打)を作った(8月29日)のも、ここ。いい思い出しかない」と感慨深げに話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080919-00000018-dal-base
************************************************************
清原選手の現役姿を見られるのもあとわずかですね。最後にホームランを見せて欲しいものです。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 13:12| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

猛虎復活!鳥谷プロ初満塁弾で打線けん引

<中日6−11阪神>◇17日◇ナゴヤドーム
 首位阪神が貧打のトンネルからド派手に抜け出した。17日の中日戦(ナゴヤドーム)。立役者は5番の鳥谷敬内野手(27)だった。1回、山本昌からプロ初のグランドスラムをたたき込み、4回にも適時二塁打で5打点。6回には三塁打も放ち、サイクル安打の快挙こそ逃したが、打線をけん引した。4番金本知憲外野手(40)にも77打席ぶり1発が飛び出し、12安打11得点。19日からの巨人戦(東京ドーム)を前に弾みをつけた。
 鳥谷は甘いスライダーを見逃さなかった。1回1死満塁。高く舞った打球は右翼フェンスを越す。プロ初の満塁弾が、大事な局面で飛び出した。「打った瞬間はどうか、と思ったけど、入ってよかった。1点でも2点でもほしい場面だったから」。19日からの決戦に向けた号砲でもあった。
 いつも通り、表情はクールだが、バットで勝利への執念を表した。4回には左中間を破る適時二塁打で貴重な追加点を挙げた。6回には2死から三塁打を放った。「昨日はチャンスで打てなかったから」と前夜を反省した。「何とか2勝1敗にしたい」と必勝の思いをはっきりと言葉に出し、貪欲(どんよく)に快音を響かせた。8回の5打席目では、単打を打てばサイクル安打を達成だった。二ゴロに倒れ、球場からはため息がこぼれた。阪神では03年桧山以来となる快挙を逃したが、この日のヒーローは変わりない。
 5番の責任を果たす姿に、成長の跡がうかがえた。山本昌にはその投球術に翻弄(ほんろう)され、新人時代は手も足も出なかった。それが、ベテラン左腕に10年ぶりとなる満塁被弾を食らわせた。「チームとしても、どうしても負けられなかったし、うれしいですね」。06年4月にもあと1本でサイクル安打を逸したが、このときの先発投手は横浜三浦。阪神キラーで名をはせる実力派に、鳥谷は強くなった。やはりそれは努力の積み重ね以外の何物でもない。シーズンに入ると、ほとんどバットを追加で注文することがないという。「打ち損じが少ないから」と関係者は目を丸くする。徹底的に打ち込むことで、しんでとらえる確率を上げた。正念場で、底力を発揮できるゆえんだ。
 3安打5打点の活躍で、公言通り、2勝1敗で中日戦を終えた。巨人との大一番に、鳥谷が弾みをつけたと言っていい。「勝って、(東京に)行けるのは大きい。大事な一戦になる。1点でも多く取って、勝ちたい」。岡田阪神が堂々とファイティングポーズを取って、東京ドームに乗り込む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000030-nks-base
************************************************************
新井選手がケガで欠場してからしばらく苦しんでいたようですが、その穴も十分に埋まったようですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 13:17| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

虎矢野走塁ミス併殺で好機一瞬で潰す

<中日5−2阪神>◇16日◇ナゴヤドーム
 阪神に今季最大のピンチが訪れた。中日戦で2−5で敗れ、2位巨人に3ゲーム差まで迫られた。3点を先制された直後の4回には、鳥谷敬内野手(27)の2ランで1点差としたが、ここでベテラン矢野輝弘捕手(39)が痛い走塁ミス。李の3連発など今季最多の14得点の巨人と、打線が本来の姿を取り戻せない虎。19日からの直接対決を前に、17日は落とせない。
 背後から、ストライクのコールが聞こえてきた。3点を追う2死一、三塁。阪神金本がフルカウントから見逃し三振に倒れた。ついに2位巨人に3ゲーム差まで詰め寄られた。
 1点差の7回1死一、二塁でも今岡、金本にあと1本が出なかった。だが、この日の敗因は打てなかったことではなく、矢野の走塁ミス。岡田監督は「ああ、完全なミスやろ。全部ホーム(突入)って言っているのに。ええんよ、アウトになっても、一、三塁で続くのに。相手は崩れかかっていたのにな」と断罪した。
 鳥谷の2ランで1点差に迫った4回1死二、三塁。代打林は一塁へのゴロ。ホーム返球をうかがいながらウッズが林にタッチした時、矢野は三塁付近で立ち止まり、二塁走者の関本は三塁目前まで進んでいた。最後は関本が挟殺され、あっけない併殺でチェンジとなった。
 走者への指示は、ゴロならスタートを切る「ゴロ・ゴー」だった。たとえ矢野がバックホームでアウトになっても2死で一、三塁に走者は残る。しかし矢野が本塁突入をためらったことで、好機が吹っ飛んでしまった。
 あと1歩届かないもどかしい敗戦にも、岡田監督は割り切りをみせた。「あしたはもう、後ろの3人(アッチソン、ウィリアムス、藤川)を投げさせなアカンな」と、これ以上ない的確な表現で示した。19日からの巨人との3連戦(東京ドーム)を前に、もうもたついてはいられない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000035-nks-base
************************************************************
何だかまずい雰囲気ですね。2位の巨人と3ゲーム差とはね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 10:11| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

今岡4号!モヤモヤ吹っ飛ん“だ〜ん”

「中日4-7阪神」(15日、ナゴヤドーム)
 虎にとっての“鬼門”も今は昔。阪神は序盤から得点を重ね、四回に今岡誠内野手(34)が4号2ランを放って勝負の流れを決定付けた。二回には高橋光信内野手(33)が4号先制ソロ。ナゴヤドームでは開場以来初めてとなる2年連続中日戦勝ち越しを決め、2位・巨人との4差をキープした。
  ◇  ◇
 すっきりした。こんな勝ち方がしたかった。先制点を奪い、攻撃の手を緩めずに効果的に加点。先発投手を楽にして、得意の継投に持ち込んだ。気持ちのいい勝利を明確にした、張本人は今岡誠。帰ってきたスラッガーが一振りで、打線の追い詰められた雰囲気をかき消して見せた。
 四回、2点リードとなってさらに二死二塁の場面だ。カウント2-2からの5球目だった。小笠原の外角高め、見逃せばボールの139キロ直球に迷わず手を出していった。「2アウトだったし、追い込まれてましたから、思い切り振りにいくだけだった」。荒々しく左翼席へ引っ張り込んだ打球は、貴重な追加点となる4号2ラン。5点目を奪い、流れをグイッと引き込んだ。
 連日、貧打を嘆く日々が続いていた。しかし、今岡の一発がチームの雰囲気を変えた。「僕自身は1打席、1打席、1球、1球に集中するだけ。それを最後までやっていく。それ以上でも以下でもないです」と控えめだが、今岡が打つということに意味がある。岡田監督も「あの2ランは大きかった」とたたえた。
 三回の第2打席では無死一塁から、右前打でエンドランを決めて一、三塁にチャンスを拡大。続く金本の適時内野安打をおぜん立てした。これも本塁打と同じく、小笠原の外角へのボール球に対応しての安打だった。どんな球でも安打にしてしまう得意の“悪球打ち”。これに関しては「それは見る人がどう感じるか」と受け流したが、本来の姿に戻る兆候と考えて問題ないだろう。
 9月11日、34歳の誕生日に1軍復帰して5試合で2本塁打。いずれのアーチも勝利につながっている。97年の開場以来初となるナゴヤドームでの2年連続中日戦勝ち越しが決定。かつては鬼門といわれた場所での苦い記憶も薄れつつある。
 開幕直後から不振に見舞われ、5月下旬から始まった2軍暮らしは3カ月以上に渡った。それでもあきらめなかった。立石2軍野手総合兼打撃コーチが「バッティングが抜けていた。つまり体が早く開きすぎて手打ちになっとった。それを本来の形に戻すためにやってきた」と証言するように、地道に努力を続けた。
 今季のスタート、2月の沖縄・宜野座キャンプで誓った。「今岡誠の存在意義を示す」と。少し遅れてしまったが、遅すぎることはない。チームが苦しむ今こそ、自身の存在意義を示してやればいい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000022-dal-base
************************************************************
今岡選手が好調になってきたとは心強いですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:50| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

虎「M」また消滅…無死満塁でも0点

「阪神1-3広島」(14日、甲子園)
 阪神の優勝マジックがまたも消滅、ヤクルトに勝った巨人に自力優勝の可能性が復活した。特に六回は無死満塁の絶好機に矢野が三振、代打・桧山は投ゴロ。続く葛城も左飛に倒れて無得点。甲子園はため息に包まれた。貧打解消の特効薬はあるのか。残り20試合、最後の苦闘が続く。
  ◇  ◇
 教えてください。一体、神様はどんなドラマが見たいのですか?
 まさかまさかの連続サヨナラ劇を起こさせておきながら、袖を返したように、猛虎を再び窮地に放り投げた。
 またも、全く先が読めなくなったセ界のシナリオ。虎の優勝マジックがまたも消灯した。2位巨人に再び4差まで詰め寄られるピンチを迎えた。
 「自分がアホやった…いろんな面で、自分がアホやった…」
 だれも桧山を責めることなど考えもしなかったけれど、敗戦後の暗い通路で、代打稼業を果たせなかった男は唇をかみ、つぶやいた。
 無死満塁で1点も取れなかった-。その責を一身に背負った。
 初回に1点先制も、金村暁が逆転を許した後の、1-3の六回だった。
 無死から金本、鳥谷の連打に、代打・林が四球で歩いて無死満塁。一挙逆転もらったと、マンモスは狂喜爆発した。だが…今、乗りに乗ってる男・矢野が空振り三振に倒れると、心地悪い風が吹き込んだ。
 続く、代打・桧山。カウント1-1からブラウワーのチェンジアップを引っかけた打球は、ボテボテの投ゴロとなり、三走が本塁封殺。葛城は左飛に倒れ、反撃どころか、まさかの無得点。試合はほぼ決まった。
 打てない。前夜までの5試合のうち4度のサヨナラ劇に聖地が酔っていた中で、貧打に怒り続けていた岡田監督が、口を開いた。
 「もう、ええやろ。聞かんでも。そういうことやんか」
 サヨナラ続きで、先延ばしにしていたが、貧打病は着々と病巣を広げていた。
 きょう15日から敵地での中日3連戦を経て、ついに19日から巨人3連戦(東京ドーム)で天王山を迎える。ただし、もし最悪のシナリオをたどれば、今週中に2位陥落という“悲劇”が起きる可能性はわずかながら生じてきた。
 もう楽勝など望むまい。ついたり消えたり、マジック点滅は、虎が歩む道は、常に優勝ギリギリのラインであることを示している。
 これが蛍光灯なら、とうにゴミ箱行きだが、3年ぶりのリーグ優勝へ虎にとっては唯一の命綱。もう一度、一致団結してランプをつける以外に道はないのだから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080915-00000022-dal-base
************************************************************
2位の巨人が勢いがあるだけにちょっと心配ですが、さてどうなるのでしょうね。どちらにしろ盛り上がることだけは確かでしょう。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:10| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

オリックス連勝止まった5差…CSマジックお預け

◆日本ハム7−4オリックス(13日・札幌ドーム) 勝てば、クライマックスシリーズ進出マジック11が点灯した一戦。先発3本柱のひとり、山本が4回7安打5失点と先発転向後最短のKO。「今日は先発の出来の差が出た試合ですね。それに尽きます」大石監督は淡々と振り返った。

 制球力が武器の左腕が初回、先頭打者に四球を許した。1死一、二塁から、右翼へ高橋に2点二塁打で先制を許すと、3回には甘く入った133キロの直球を、稲葉に左翼スタンドに運ばれた。4回にも3本の安打で2点を失い、計5失点。「申し訳ない、のひと言です。結果がすべてです」と硬い表情だった。

 今季は中継ぎでスタートし、4月8日のソフトバンク戦(熊本)で先発転向。9勝を積み重ねてきたが、最近5試合で1勝4敗。2ケタ勝利を目前に、足踏みが続いている。「低めの制球力ときれがいいときと比べると足りない。でも今後も(山本)省吾を信じていくだけです。負けてもいいから思い切って投げろということです」大石監督は山本への信頼を変えない。西武とは5ゲーム差。踏ん張りどころだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000079-sph-base
************************************************************
さすがに6連勝はできませんでしたが、勢いはまだありそうですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:13| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヨナラの虎 また!また!また!最近5戦中4度!…阪神

◆阪神1x−0広島(13日・甲子園) 勝利を確信しベンチに戻ろうとした矢野は、Uターンして逃げた。「条件反射かな。『シモ、来た〜』って。ラガー(下柳の愛犬)の気持ちが分かった」先頭でベンチを飛び出したのは下柳。笑顔で追る同級生に三塁ファウルゾーンでつかまった。今季11度目のサヨナラ勝ち。歓喜の中で喜びを分かち合った。

 10回1死一塁、梅津から左翼フェンス直撃のサヨナラ適時二塁打を放った。「抜けてくれと思いながら走った」自身11本目、阪神移籍後10本目のサヨナラ安打は、田淵幸一に並ぶ球団トップタイ。9日のヤクルト戦(甲子園)でのサヨナラアーチに続いての一打で、息詰まる試合に終止符を打った。

 「まずシモが粘ってくれたし、アッチ(ソン)、球児も0でいってくれた。カネの9回の守備もナイスプレー。ああいうのがあって勝てるのと勝てないのとでは大きな違い」先発・下柳が7回を無失点。さらに9回無死一塁のピンチで、嶋の左中間への飛球に金本が飛びつき、1回転しながら捕球した。このプレーが矢野の一打を呼んだ。

 岡田監督もどうしても勝ちたかった。前日(12日)に甲子園に観戦に訪れ、観戦5連敗となった息子・陽集さんに、この日は“観戦禁止令”まで出した。デーゲームで巨人の勝利は知っていただけに、負けられなかった。11日にはサヨナラ押し出しを呼ぶ同点打を放っている矢野は、「楽に優勝はさせてもらえない。ただ、自分たちの戦いができれば優勝できる位置にいる」と力強く語った。最近の4勝はすべてサヨナラ。優勝マジックは16に減った。結束力でもぎ取った1勝は、チームを勢いに乗せるはずだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000082-sph-base
************************************************************
阪神ファンはもう笑いが止まらないでしょうね。5試合で4試合がサヨナラ勝ちなんてかつてこんなことがあったのでしょうかね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 13:57| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

虎打てない…4安打で今季11度目完封負け

<阪神0−4広島>◇12日◇甲子園
 前夜までのミラクル・サヨナラ3連勝の勢いをかき消す、今季11度目の完封負け。阪神の主砲金本は「オレのゲッツー(併殺)じゃないか。オレが悪いんや」と責任を負った。
 走者が三塁まで進んだのは、5回裏の1度だけ。広島喜田の2度の失策で1死満塁で金本。だが、直球をたたいた打球は二塁正面へのゴロとなり、一瞬の併殺プレーでチェンジとなった。打ち損じか、の問いに金本は「結果や、結果。斉藤がよかったかどうか、よう分からん」と受け止めた。マジックは「17」のまま減らず、2位巨人とのゲーム差が「5」と縮まった。
 岡田監督は「苦しい試合って、毎日言っているやんか。打つ方がなあ。サヨナラ勝ちしたからって勢いが出るものじゃない。重苦しい試合だから。先発が抑えて打線が打って、そういう理想的な試合をしないとスッキリはしないよ」。打線の爆発がないままでは、ペナントをつかめない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080913-00000032-nks-base
************************************************************
さすがの阪神も一休みということでしょう。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 19:17| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

今岡誕生日昇格で虎3戦連続サヨナラM17

<阪神5−4ヤクルト>◇11日◇甲子園
 阪神が9回に2点差をひっくり返し、ヤクルト3連戦で3試合連続サヨナラ勝ちした。関本の右ひじ負傷で緊急昇格した今岡誠内野手(34)が、第1打席で3号同点2ランを放ち、9回は1死満塁でサヨナラの押し出し四球を選んだ。不振で5月25日に登録を抹消され2軍でもがき苦しんだ。この日が34歳の誕生日。お立ち台で「夢のようです」と話した。同一カードでの3試合連続サヨナラ勝ちはプロ野球史上3度目。阪神は優勝マジックを17とした。
 漫画のヒーローを超越する強運ぶりだった。同点に追いついた直後の9回1死一、三塁。目の前で平野が敬遠される。それでも、今岡は冷静だった。ヤクルト守護神林の球を見極め、押し出し四球を選ぶ。思いを込めて両手を突き上げた。万歳。優勝を目指すナインに加わり、喜びを爆発させた。
 今岡 さっきまで鳴尾浜(2軍)にいたので、夢を見ているみたいです。あわただしい1日だった。練習してたら「今から行け」ってね。おまけに誕生日でしょう…。ホンマにラッキーだった。
 9月11日。34歳の誕生日を迎えた。早朝、兵庫県内の自宅を出たときには予想にないシナリオだった。2軍練習のため、鳴尾浜にいた今岡のもとに電話が入る。岡田監督だった。「1軍や。スタメンやからな」。午後6時から家族と開く予定だったバースデーパーティーもキャンセルした。
 今岡 いい意味で裏切れたので、(家族も)気分をよくしてくれたと思う。帰ってゆっくり楽しみたいと思います。
 2軍から復帰の第1打席。2点を追う1回1死一塁。石川にファウルで粘る。9球目のスライダーをジャストミートすると、ライナーで左中間スタンドに突き刺さった。3号2ランで、試合を振り出しに戻した。
 今岡 チームがこういう状況だから「一打席必勝」でね。それだけだよ。打っても打たんでも、あとは何も考えていなかった。
 5月25日に不調のため2軍に降格した。そこから快進撃を続けるナインとは別に泥にまみれ調整を続けた。
 1軍昇格を知らされる前のこの日午前。鳴尾浜で汗をかく今岡は必死だった。フリー打撃を繰り返す。柵越えを何度も放ち、フルスイングの感覚をとぎすましていた。そして、約7時間後…。一瞬を大切に生きる姿勢が甲子園で実った。
 岡田監督は「最初はホームランで最後(サヨナラ押し出し四球)やろ。今日は今岡で始まって今岡に終わると、そのとき(サヨナラの直前に)思ったよ」と話した。
 質問攻めの中で今岡は笑った。「今日はこれくらいにしとくわ! また機会があったら」。ヒーローは、力強い足取りでクラブハウスに消えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000030-nks-base
************************************************************
3戦連続のサヨナラ勝ちとは驚きですね。ファンとしてはこんなに気分が良い勝ち方はないですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:37| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。