2008年09月30日

「4番」金本V弾!M7神風吹いた

「阪神5-3広島」(29日、甲子園)
 阪神は同点の八回、スタメン3番の新井貴浩内野手(31)が右前打。続く金本知憲外野手(40)が右翼席へ決勝2ランを放って勝利した。優勝マジックは「7」。お立ち台で「さすが僕のアニキです」と笑う弟分にアニキは苦笑い。最後は葛城と一緒に観客全員で「ウォ〜」。最後は阪神が勝つ。
  ◇  ◇
 痛む軸足に魂を込めた。左ひざに体重を乗せた軸回転。金本の真髄(しんずい)を証した打球が、右翼高く舞い上がった。珍しくバットを放り投げた金本は、打球の行方を追い、願った。いけ。
 今季ここまで幾度となく4番の打球を阻んできた浜風が、ほんの少し味方してくれた。夢を乗せた白球が降りやまぬ雨を切り裂き、右翼フェンスを越えた。その瞬間、一塁を回った打球の主から、白い歯がこぼれた。
 「1カ月ぶりに仕事をしたような気がします。その前に、横にいらっしゃる新井さんが、ヒット、ヒットで回してくれたので、ヒットでつなごうと思っていた。ホームランはまぐれです」
 七回に同点に追いつかれ、球場に充満した不穏な空気を金本がぬぐい去った。八回、一塁に猛打賞の新井を置き、放った決勝2ラン。前回優勝の05年、リーグ制覇を決めた記念日9月29日に架けた4番のアーチは、値千金という言葉では言い尽くせぬ価値ある一撃となった。
 21日の天王山巨人戦で放った2打席連発から一転、翌日の横浜4連戦で主砲から快音が消えた。17打席無安打。岡田監督も「カネはあまり体調がよくない」と、4番不振の原因をほのめかした。
 恐れていた有事が、現実になっていた。昨年10月に手術した左ひざが悲鳴を上げている。9日のヤクルト戦で本塁突入の際に捕手と激突し、両ひざを強打した。その2日後に下半身強化で130キロのスクワットを上げた金本は、みけんにシワを寄せた。「ん…」。嫌な感じがした。それから約10日間、何事もなかったようにプレーを続けたが、22日横浜戦から軸足に微調整を加えたフォームを試すと、患部にさらに違和感を覚えた。
 「手術したことが信じられない」。術後の経過は順調過ぎたが、実は夏前にも1度、危機があった。7月6日の横浜戦。劣勢九回二死から起死回生逆転2ランを放ちガッツポーズをつくった試合。このとき、金本の左ひざは一過性の痛みに襲われていた。術後リハビリを担当した石原チーフトレーナー補佐から「めったなことで電話するな」と命じられていたが、このときばかりは禁を破り相談を入れた。
 「僕はまだまだ迷惑をかけていたので、もう少しの間、新井さんに期待しましょう」。四回に鳥谷の適時打で本塁へ滑った左ひざは、泥だらけだった。絶対に痛いと言わない男。金本が、きしむ軸足を踏ん張り、猛虎にM7を運んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000022-dal-base
************************************************************
やっぱり新井選手と金本選手が揃うと強いですね。このまま首位をキープして優勝を飾って欲しいですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 16:37| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

電撃合流!新井がいれば“大丈V”

「阪神4-6巨人」(27日、甲子園)
 TG決戦に敗れて再び同率首位となった。だが猛虎の頼れる男が帰ってきた。第5腰椎の疲労骨折で戦線離脱していた阪神・新井貴浩内野手(31)が1軍復帰。4点を追う六回一死満塁から代打で右前適時打を放った。守備にも就き、全力疾走も見せた。厳しい戦いは続くが、Vの光が見えた。
  ◇  ◇
 突如、帰ってきた男にスタンドは度肝を抜かれた。敗戦の中、待ちこがれた一打にマンモスは酔いしれた。7月27日以来の甲子園。61日ぶりの公式戦で、83日ぶりのタイムリー。新井劇場はすべてがサプライズだった。
 一塁へ走りながら、無意識でガッツポーズをつくった。4点ビハインドの六回一死満塁。岡田監督は、迷いなく背番号25を指名した。悲鳴と歓声の入り交じる中、新井が復帰初打席で、越智の150キロを右前へ運んだ。「何とかランナーをかえせればと思って、打席へ向かいました」。
 前夜、トレーナーから新井の検査報告を受けた岡田監督は決断した。
 まだ屋外打撃も始めていない。練習で打つ球速は100キロに満たない。それでも、指揮官は新井を、必要とした。この日、試合開始1時間前の午後5時を待って、新井の出場選手登録が公示された。朝9時から鳴尾浜で練習を行い、昼2時に引き揚げた新井が、夕方5時すぎに甲子園のベンチに姿を見せると、報道陣ら関係者は一様に目を丸くした。「決まってたことよ」。巨人ベンチをも驚かせた指揮官は、してやったりの表情で新井を迎え入れた。
 新井にとって復帰までの道のりはとてつもなく長かった。8月24日に北京五輪から帰国した新井は翌25日、トレーナーの指令で、痛めていた腰のCT検査を受け、第5腰椎(ようつい)の疲労骨折が判明。医師から五輪でのプレーをとがめられるほどの重傷だった。
 優勝争いで苦戦するチームに貢献できない自身にいら立ち、フラストレーションは、すぐにピークに達した。ナイターの時間になると必ず自宅の居間でテレビの前に座ったが、敗戦濃厚の展開には、胸が痛み電源を切った。肝心なときに戦場に立てないもどかしさに「オレは何をしてるんだ…」と、何度も心が折れそうになった。
 家族に大声を出して、八つ当たりしたこともある。夕食時には大好きなビールを我慢し、ウーロン茶でのどを潤す日々。幼稚園に通う長男を出迎えに行くと、周囲の父兄、保護者から「いつから試合に出られるんですか?」と声を掛けられ、苦笑いを浮かべるしかなかった。
 「歓声は聞こえてましたし、すごくうれしかった。(腰は)大丈夫。こんなに早く復帰できるとは思わなかった。石原さん、杉田さん、伊藤雅さん(らトレーナー陣)、ボールを投げてくれた加藤(2軍育成コーチ)さんはじめ、スタッフの皆さんには、本当に感謝しています」
 巨人には並ばれたが、ベンチの空気は変わった。チームメートもファンも、待ちに待った新井が、優勝戦線に間に合った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000023-dal-base
************************************************************
巨人に負けても新井選手が復帰となれば残り試合は、盛り上がりそうですね。これでやすやすと巨人に優勝を譲るわけにはいかなくなりましたね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:00| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

「阪神優勝」なら…関西の経済効果767億円や!

プロ野球のセ・リーグで激しい優勝争いをしている阪神タイガースが日本一になった場合、関西での経済効果は767億円に上るとの試算を、関西大の宮本勝浩教授(数理経済学)が発表した。前回リーグ優勝した平成17年の試算より124億円上回っている。


球児が通算100セーブ!G倒準備完了


 試算では、タイガースがリーグ制覇して日本一となり、18年ぶりのリーグ優勝となった15年に匹敵する盛り上がりを想定。阪神、阪急の経営統合後、初めての優勝セールとなることも考慮し、セールの総額は過去最大の105億円と算出した。

 また改修工事で飲食部門が充実した甲子園球場の観客1人当たりの平均消費額も500円増の6100円に設定。年間323万人動員したと仮定し、近年より20億円以上の消費増を見込んだ。

 この結果、関西での直接経済効果が約500億円、原材料などの消費が拡大する波及効果も含めると、総額で767億円になると推計した。

 熱狂的な阪神ファンでも知られる宮本教授は「7月までの快進撃から一気にゲーム差が縮まり、ひやひやしながら試算した。阪神の優勝は消費が冷え込む関西経済の起爆剤。なんとかいい結果に」と期待を寄せている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000525-san-base
************************************************************
橋下大阪府知事は、阪神タイガースの優勝を一番願っているかもしれませんね。大阪府改革に成功するには、景気を良くするのが一番でしょうから、その景気づけに阪神優勝で勢いをつけて欲しいでしょうからね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 13:57| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

G大阪切り札山崎が決めた/アジアCL

<アジアCL:(4)G大阪2−0アルカラマ(シリア)(1)>◇準々決勝第2戦◇24日◇万博※カッコ内は2戦合計点
 G大阪初の4強入りを決めたのは、やはりこの男だった。FW山崎雅人(26)がまたACLで輝きを放った。0−0の後半38分、左サイドから抜け出し、相手DFとの1対1。フェイントでかわすや右足を振り抜き、相手GKと左ポストのわずかなすきまを豪快にぶち抜いた。0−1の負けでも4強入りだったが「引き分け狙いじゃなかった。角度がなかったから左に打った」。お立ち台で声を弾ませた。
 苦しい台所事情で、G大阪の切り札に成長した。FWルーカスが右ひざ靱帯(じんたい)損傷で欠場だったが、ベンチスタートだった。第1戦でも途中出場で決勝弾。西野監督は「途中からヤマ(山崎)を入れたのが正解。チームに変化をもたらしてくれる」と絶賛した。膠着(こうちゃく)状態になれば、豊富な運動量でかき回せる。指揮官から「ゴールに直結する動きをしろ」と何度も言われ続けた山崎は「やっとできるようになってきた」と胸を張った。
 これでACL8試合5得点となった。ゴールを決めた試合は4戦全勝の「神話」が続いている。「たまたまです」と謙遜(けんそん)するが、まぐれじゃない。横浜時代の04、05年にACLを2度経験し、1点ずつを決めている。アウェーではスタンドから瓶などが飛んでくるのは当たり前だった。劣悪な環境にも動じないずぶとさを養ってきた。
 準決勝は最高の舞台が整った。宿敵浦和と決勝進出をかけて対戦する。西野監督は「レッズとやりたいと思いながら臨んだ。日本の他クラブが王者にならなければいけない」と前年王者に挑戦状だ。ACL史上、日本勢同士の対戦は初だが、勝機は十分ある。Jリーグの5月17日浦和戦で得点を決めたのが山崎。「強い相手なので、絶対勝ちたい。ここまで来たらタイトルをとりたい」と力を込めた。絶対的な切り札がいる限り、決勝切符は譲らない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000026-nks-socc
************************************************************
そろそろ西野監督にタイトルが欲しいですね。もし岡田監督が何かあった場合は、西野監督が日本代表監督になってもらいたいわけで、そのためにはアジアの王者になってもらいたい。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:35| ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今岡絶叫!天敵・三浦から逆転弾で堅首

「阪神5-2横浜」(24日、甲子園)
 阪神は1点差の三回、今岡誠内野手(34)が天敵の横浜・三浦からバックスクリーンへ逆転2ランを放った。「応援してくれるみなさんのおかげで打てました」。お立ち台でヒーローの声が弾む。巨人も負けないが、がっちりと同率首位を死守。最後にVゴールのテープを切るのは阪神だ。
  ◇  ◇
 夢を、希望を乗せた白球が、バックスクスクリーンで高く弾んだ。宿敵三浦から放った起死回生の逆転2ラン。ヒーローは悠然とダイヤモンドを一周した。巨人が勝つなら虎は負けない。今岡がファンの、ナインの気持ちをバットで代弁した。 「結果は後から付いてくるもの。思いっ切りバットを振ることだけ考えて、打席に立ちました」
 1点ビハインドで迎えた三回だった。一回、二回と得点圏に走者を進めながら、猛虎打線はこの日もあと1本が出なかった。先発三浦には、この試合の前まで今季4戦4敗。対戦打率・168と完全に封じられていた。また虎キラーの前にひれ伏すのか…。聖地に漂い始めた重い空気を、今岡が払しょくした。
 一死一塁で打席に立つと、1ボールからの2球目。直球を強振した打球はレフトポールのわずかに左をかすめる大飛球となった。天才打者と呼ばれた男が微妙なズレを修正し、ボールを挟んで迎えた4球目。真ん中低めの直球を逆らわずにセンターへ。打球は聖地の浜風にも押され、バックスクリーンへと着弾した。
 5月24日。ソフトバンク戦を終えた今岡は、2軍行きを通告された。「『今岡誠』という人間を応援してくれる人がいる限り、頑張るのが僕の使命だから」と話して臨んだ鳴尾浜での再調整は、自分自身を取り戻すための戦いでもあった。
 「ホームランにこだわるのか、(打点王に輝いた)05年のような打撃を再び目指すのか」-。立石2軍総合兼打撃コーチにそう問われた今岡は、迷わず後者を選択した。今季は本塁打量産を目標に掲げ、ウエートトレで筋力アップを図って臨んだが、すべてをリセットしての復活を決意した。
 全盛期の打撃を取り戻すため、フォームの改造にも着手。タイミングの取り方の修正や、ダウンスイングにも挑戦した。試行錯誤を繰り返し、自らの手で復活への道をこじ開けた。鳴尾浜で泥まみれになった日々も、キャンプでウエートに励んだ日々も、決して無駄ではなかったことを1本のアーチで証明した。「もう忘れました」-。109日にも及んだ苦しい2軍生活にこの日、今岡流の表現で別れを告げた。
 復帰後は13試合の出場で49打数10安打。打率は・204と決して高くはない。だが10打点という数字が示す通り『ここぞ』の場面での活躍が光る。「どうなるか分からないけど、終わったときに一番上にいることができれば、それでいい」。残り11試合。チームの悲願を達成するため、空白の時間を取り戻すために、今岡の戦いは続いていく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000023-dal-base
************************************************************
残り試合も全勝するくらいの気迫で頑張って欲しいですね。巨人に首位を奪われるのは阻止してほしいものです。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:28| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

CS進出決定も不振打線に岡田監督「点を取らんと」…阪神

◆阪神1−1横浜=延長12回=(23日・甲子園) 我慢できなかった。誰より痛みと苦しみを抱えているからこそ、赤星は聞き流せなかった。わずか3安打での延長12回ドロー。終了直後、一塁側ベンチ上部の観客席から飛んだ心ないヤジに虎の選手会長がかみついた。数分間の応酬の後、広沢打撃コーチに促され、ベンチ内へ引き下がった。悔しさのあまり、バットをたたきつけた。

 デーゲームで巨人が引き分けてほくそ笑んだはずが、同じ運命をたどるとは。「点が入らんもん、しゃあない。後攻なんやから、7回以降に点を取ってたら終わり(勝ち)やんか」と岡田監督。原監督とは対照的に、負けないことへの評価は皆無。勝てないことにだけ怒りをぶちまけた。

 先発は中2日で下柳だった。指揮官は「普通やんか」というが、奇襲だった。6回1失点で試合をつくったベテランは「先に点を取られたら一緒」。7月26日の中日戦以来、JFKがそろい踏みで無失点に抑えた。打線の奮起を待ったが、奪ったのは鳥谷のソロによる1点だけ。下降線をたどったままの猛虎打線に、追い打ちをかけるのが赤星の持病、首痛だ。

 前夜(22日)、6回の打席で胸元をえぐられた際、再び症状が悪化。この日も6回、内川の飛球を必死に前進したが捕れず、しゃがんだまま、しばらく動けなくなった。「結果を見たら分かるでしょ」と赤星も状態の深刻さを否定しない。傷の痛みが、ヤジへの怒りを倍加させた。

 同率首位は守ったが、同率のままシーズンが終われば、宙に舞うのは原監督。0・5差でも上回るチャンスを逃したのは痛い。「点を取らんとどうしようもない」と岡田監督が繰り返した。第1関門のクライマックスシリーズ進出は決めたが、ゴールはもちろんそこではない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000079-sph-base
************************************************************
戦力の劣る横浜を相手に勝てないと言うのはちょっと情けないですね。前半戦の好調さは一体どこに?この分だとクライマックスシリーズも苦戦しそうですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:43| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

今季初の藤川8回投入!石川プロ初先発初勝利!…阪神

◆阪神3−2横浜(22日・甲子園) 熱き心に岡田監督は胸を打たれ、背中を押された。1点リードの8回。3番・内川から始まる横浜の攻撃を前に、「藤川」の名を杉永球審に告げた。巨人と一騎打ちのデッドヒートで、落とせない横浜4連戦の初戦。今季、守護神の8回頭からの投入は初だった。「打順とか(巨人戦)3試合に投げてなかったのもあった。行けますという電話もあった」と指揮官が打ち明けた。

 藤川は8回、1死から村田に中前安打を浴びたが、続く吉村、佐伯をきっちり断った。9回のマウンドに備えるため、8回裏にキャッチボールへ向かう際、さらに自身を精神的に追い込んだ。「ヒーローにしてやるからな」とプロ初勝利を待ちわびていた先発・石川の耳元でささやいた。

 ラストイニングは2死から二ゴロ失策をきっかけに一、二塁とされたが、最後は斉藤俊を二飛に打ち取り、新人右腕との約束を果たした。魂を込めた2回、30球。優勝への強い気持ちがここに凝縮されていた。

 ブルペンとベンチとの会話を、藤川はこう振り返った。「自分が出られないと無力さを感じる。だから(守護神の)ポジションはいらない。必要とされるならどこでも」中西投手コーチを通じ伝えてもらった。3連敗で巨人に並ばれた今、9回限定の肩書やセーブなど無用だった。

 対横浜戦の連敗も6で止めた。「どんな形でも勝って流れを変えないといけなかった」と指揮官。球児は「こんなに楽しいことはない。あと十数試合に、シーズンのすべてが凝縮されている」と笑った。絶望のふちで輝いた絆(きずな)を頼りに突き進む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000047-sph-base
************************************************************
さすがに阪神も意地を見せてくれましたね。このまま巨人に首位を取らせるわけにはいきませんよね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:45| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KITA〜小松8連勝で14勝

<オリックス5−1ロッテ>◇22日◇京セラドーム大阪
 パクリまで粘っこかった。お立ち台のオリックス小松聖投手(26)は「織田裕二のモノマネをする山本高広」のマネをバージョンアップさせた。「K・I・T・A、キタァ」と絶叫。最後は残っていた観客と「キタァ」の大合唱。8連勝の14勝目だからできる堂々たるパクリだった。
 ベンチ裏に下がっても「スペル合ってました? 前回投げ終わった次の日にローマ字で行こうと。(広島の)斉藤君にパクられたんで。ぼくもパクってるんですけど」と止まらない。初回にロッテ里崎に先制被弾も、2回以降は持ち前の粘りでゼロ行進。大石監督が「監督就任して初めてブルペンのモニターを見なかった」という1失点の完投だった。
 8連勝のうち6勝が、前の日の試合でチームが負けている。21日も8投手の継投で今季ワーストの22被安打。だが「(完投は)思ってなくて、後ろには中継ぎ、抑えがいると信じて投げた」と必要以上の責任感を抱え込まなかった。
 粘りと勢いで3位日本ハムに3ゲーム差。24日にもクライマックスシリーズ進出が決定する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000034-nks-base
************************************************************
オリックスとしては清原選手引退を日本シリーズ進出して日本一と勝ち取って祝いたいところですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:33| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

3人目40代100打点も連発アニキ無言…阪神

◆巨人9−5阪神(21日・東京ドーム) 最後まで無言の活を入れ続けた。大量6点差がついた9回。勝利は絶望的になっても、金本は孤独な前進を止めなかった。先頭で右前安打。その後、無死一、二塁から、関本の二塁内野安打を古城がはじく間に、二塁から全力で本塁を駆け抜けた。まだ終わらない。終わらせない。疲れ切った心と体にムチを打った。

 試合後、質問をさえぎる球団広報に先導され、背番号6は一言も発することなく右手でキャリーバッグを引っ張りながら通路を歩いた。こわばった表情。胸に込み上げる無念。だが、うつむかず前だけを見つめたのはせめてもの意地かプライドだったか。

 4番打者が2発を放り込んでも勝てなかった。「巨人の勢い? あったなあ。塁に出たら、やられそうな雰囲気になるもんな」と、強気一辺倒で知られる岡田監督も認めざるを得なかった。

 2回無死。上原の内角フォークを右翼席へライナーで突き刺した。先取点を呼び込んだ23号ソロは、プロ野球史上3人目となる40歳代での100打点目だった。4回2死からの2打席目は、真ん中高めのカットボールを右中間席へ運んだ。

 6月22日の日本ハム戦(甲子園)以来の2打席連発、1試合2本塁打。15日に自身の公式ホームページ上で「現実を直視して勘違いしないでガムシャラにやろう!」と記した通り、その必死な思いを形に変えた。それが5回裏、巨人の恐るべき連続攻撃と破壊力の前に、一瞬でかき消された。

 同率首位に並ばれたのは苦しいが「これで振り出し。そういう気持ちでやるしかない。きっちり並んだわけやから、一騎打ちや。ここからや」と、岡田監督が拳を握った。戦いはまだ、14試合残っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000046-sph-base
************************************************************
なんとも苦しい状況に追い込まれてしまいましたね。勢いからいって巨人のほうが上なだけに、阪神の選手全員が必死に残り試合を戦ってもらうしかないですが、さてどうなるのでしょうか。新井選手が10月6日頃復帰という話もあるようですが、流れを変えたいところですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 16:07| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

下柳「オレ1人悪い」7失点今季最短KO

<巨人9−1阪神>◇20日◇東京ドーム
 先発のベテラン下柳剛投手(40)が巨人打線の1発攻勢に沈んだ。初回、超重量ラインアップの勢いにのみ込まれた。1死一、二塁。ラミレスに投じたフォークは落ちず、棒球になった。フルスイングでバックスクリーン左に運ばれる。痛恨の3ランを浴びた直後も李に右翼席へ被弾。連続本塁打を許し、4点を失った。
 2回も小笠原に2ランを浴び、さらに阿部にも右前適時打を許したところで、ベンチもたまらずタオルを投げ入れた。「今日はオレ1人、悪いだけ。みんな頑張ってくれたのに、オレが悪い」と猛省した。まさかの今季最短1回2/3で降板。7失点KOされた。2回を持たずにマウンドを降りたのは05年8月19日ヤクルト戦(神宮)以来、3年ぶりの「悪夢」だった。
 受けた矢野も「調子良くはないだろう。ボールは高いし…」と、いつもと違うベテラン左腕を気遣った。久保チーフ投手コーチも「変化球を低めに投げさせられなかった自分の責任です」と振り返った。下柳は今季の巨人戦4試合に登板し、合計20回1/3で16失点。防御率7・08と分が悪く、10月のクライマックスシリーズにも不安を残した。
 ついに巨人に1ゲーム差に迫られた。報道陣からの「完敗か」の問いに、岡田監督は「おお。別に何もないよ。点数の通りよ」と話した。言葉は少ない。「別に、この連戦を何勝何敗でいくとか、もう、そういう時期ではない。巨人とあと3試合あるからな」とつぶやいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080921-00000007-nks-base
************************************************************
いやあまずいことになりましたね。ついに1ゲーム差まで詰め寄られるとは夢にも思わなかったのではないでしょうか。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:11| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。