2008年05月20日

オリックス清原右ひじ筋挫傷で全治2週間

右ひじ痛を訴えていたオリックス清原和博内野手(40)が19日、神戸市内の病院で精密検査を受けた。「右ひじ関節屈曲筋群の筋挫傷」で「10日から2週間の安静」と診断された。左ひざの軟骨移植手術から復活を目指す清原は、17日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(北神戸)に「5番DH」で出場。だが2打席三振の後、同個所の痛みを訴えて途中交代していた。本屋敷コンディショニングコーチは「右ひじの治療と左ひざのリハビリは、20日から青濤館(神戸市内のオリックス合宿所)で行う予定です」と説明した。

************************************************************
もう清原選手には引退してもらったほうが良いのではないでしょうかね。怪我ばかりするニュースを見るのは飽きてしまいました。一軍で活躍することがないのに高給をもらっているのはプロとして恥ずかしいことだと思わないのでしょうか。


大阪市生野区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/o.html
posted by oosaka2008 at 10:06| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

オリックス清原3日2軍阪神戦で実戦復帰

左ひざのリハビリを続けてきたオリックス清原和博内野手(40)が、3日のウエスタン・リーグ阪神戦(北神戸)で実戦復帰する。試合出場は06年9月以来で、指名打者で2打席出場する予定だ。
 昨年7月にプロスポーツ選手としては前例のない軟骨移植手術を受け、4カ月間は松葉づえの生活。我慢のリハビリを続け、4月中旬には「(実戦舞台が)何となく見えてきてるし、今が踏ん張りどころ。この4月、5月で勝負をかけていきたい」と話していた。1日500球近くを打ち込んで準備を整えてきた。
 本屋敷コンディショニングコーチは「階段を少しずつ上って中で、実戦での調整が可能なレベルまできました。これからは引き続き、ひざの状態に合わせてということになりますが、実戦を含めたリハビリに挑戦していくことにしました」と説明した。あくまで完全復帰の過程で、その1歩となる。
 清原は「(2軍戦出場の)その時、衝撃はどれくらいあるのか。感覚を取り戻すのに、どれぐらい時間がかかるかは正直、想像できない」とも話していた。2軍戦で実戦感覚を戻し、1軍代打、そして先発出場へと青写真を描く。清原がいよいよ復活ロードのスタートに立つ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080503-00000031-nks-base
************************************************************
もう清原選手に本気で期待しているひとなんているのでしょうか。何度騙されたことか。引退されたほうが良いのではないでしょうかね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 10:20| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ローズ連発「サイコーです!」

「オリックス9-3ロッテ」(19日、東京ドーム)
 オリックス打線が猛爆し、ラロッカがいないことを忘れさせてくれた。主役はローズだ。1点を追う三回に「ちょっと詰まったけどスタンドまで届いてくれた。(よく飛ぶ)東京ドーム完ぺき!」という中越え6号同点ソロで波に乗った。
 そして五回。今度は無死一、三塁で、勝ち越し7号3ランを左中間へ。この今季初の2打席連続弾が東京ドームでの通算70号だから「完ぺき!」と感謝したくなる気持ちもよく分かる。
 ビッグボーイズの盟友を1人欠いての試合。ローズは「いい時も悪い時もある。ラロッカは(残り)7日くらい休んで、調子を戻してくれたらチームにはプラス」と前向きに受け止めている。
 その間に自分ができること。「ホームランよりも、勝つためには打点」とこだわりを見せた一方で、一発の魅力はだれよりもよく知る。
 お立ち台では“お約束”の日本語で「(1本目は?)サイコーです!」、「(連発ですね)サイコーです!」、「(2本目は豪快!)もっと、サイコーです!」とやってファンの喝さいを浴びた。そして「明日はヒャクマンエ〜ン!」と看板直撃弾で賞金ゲットを予告。主砲が完全に波に乗ってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000018-dal-base
************************************************************
オリックスにローズがいなかったら一体どうなるのというくらい存在感がありますね。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:25| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

“裏切り者”パウにやられた〜!オリックス、泣きっ面に蜂

(パ・リーグ、オリックス3−7ソフトバンク、4回戦、2勝2敗、15日、京セラD大阪)「米国に帰れ!」「FU●K!」。試合後、右翼席から容赦ない罵声(ばせい)が飛んだ。一度は獲得発表をしながらも、ソッポを向かれた因縁の右腕に返り討ちを食らった。今季初の5連敗で借金6。やるせない叫びを聞きながら、ナインは無表情で引き揚げた。コリンズ監督は、文字通りの「完敗」を認めざるを得なかった。

 「いい投手、だからこそ獲得しようとしていた。制球も素晴らしく、カーブもよかった」

 二回にカブレラ&浜中のソロで2点先制。“裏切り者”が屈服する姿を、誰もが予想していたはず。しかし、その後は八回二死満塁から、古木の押し出し死球のみ。大石ヘッド兼内野守備走塁コーチは「追加点が取れなかったのが痛かった」と頭を抱えた。

 「いい投手なんじゃないの!!」。中村球団本部長は吐き捨てた。今年1月に勃発(ぼっぱつ)した二重契約問題では最前線で折衝を重ねた。「たたいてほしい」。個人の感情としながらも決戦前に厳命もしていた。勝利が一番の見返しになることは、誰よりも痛感していた。

 「悔しい。それ以上はコメントできない」と宮田調査渉外部長(当時・編成部長)。“金より心”。そんなボードも掲げられた。「昨年から何度も何度も言ってきた。打点が稼げる状況で打てない」。指揮官の言葉がすべて。とりかえしのつかない痛い1敗。球団もファンも泣いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000024-sanspo-spo
************************************************************
オリックスとしてはパウエルだけには負けたく無かったのでしょうけど、勝負の世界は厳しいですね。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 09:57| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

川越も高木も6失点 オリ借金5に

【オリックス6−12楽天】オリックスの先発・川越が2回6失点で降板すると、2番手高木も悪い流れを断ち切れずに6失点。今季初の同一カード3連敗&4連敗で借金は5に膨らみコリンズ監督は試合後、緊急ミーティングを行った。「打順を決めたり、準備の段階から私はこのチームに責任を持っている。自分の仕事ができなかった」と指揮官。2回6失点KOの川越も「序盤に大量失点してチームに申し訳ないです」と肩を落とした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080414-00000008-spn-spo
************************************************************
早くも借金5とは、オリックスはしばらく最下位に定着かな。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 16:07| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000032-nks-base

<ソフトバンク3−8オリックス>◇8日◇熊本
 火の国熊本でオリックスがパウエル問題のうっぷんを晴らす快勝だ。因縁ソフトバンクとの今季初対決。怒りをバットに込めたのは、ローズ&カブレラの55発コンビだった。坂口&村松の連続適時打で2点を勝ち越し新垣をKOした8回。ローズが三瀬から3試合連発となる4号2ランを右中間席に運ぶと、カブレラも柳瀬から右中間へ2号ソロをたたき込んだ。この回一挙5点を奪い、ソフトバンクの息の根を止めた。
 ローズはパウエル問題を意識し「相手がどこでも勝つのは素晴らしい。気持ちいいね!」とほえた。1月末に2重契約問題が発覚し、“後出し”で2倍の条件を出したソフトバンク入り。前夜、宿舎で熊本名物の馬刺しをほお張り、リベンジの力を蓄えていた。
 カブレラもほえた。「完ぺきだったよ。僕とローズはチームの重要な役割を担っている」。試合前まで打率1割1分5厘だったが、パウエル問題をエネルギーにお目覚めか。「この日のようにあったかくなればもっともっと調子は上がっていくよ」と、熊本で復活宣言も飛び出した。14安打8得点はソフトバンクには負けられないナインの意地の結晶。最高のはずみをつけて反攻に出る。
ローズ&カブレラ連弾でオリックス快勝
************************************************************
やっぱりローズとカブレラが並ぶと脅威ですね。これからこの2人が調子をあげてくるとオリックスは台風の目となりそうですね。まあ層入っても優勝争いには加われないでしょうけどね。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 10:59| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

【オリックス】ローズ2試合連発3号空砲

<オリックス2−3日本ハム>◇6日◇スカイマーク
 オリックスの4番ローズが、2試合連続弾をカッ飛ばした。0−0の2回、日本ハム先発グリンの138キロ真っすぐをジャストミート。弾丸3号ソロを右翼スタンドへ運んだ。
 「ちょっとバットの先だったけど、いい感じで振り抜くことができたよ」。だが打線はその後グリンを打ちあぐね、我慢の投球を続けていた先発川越も5回と6回に1失点ずつして逆転を許してしまった。4カード連続負け越しで借金は再び3。試合後のローズはご機嫌モード一転、「何もない。負けた。それだけ」とイラ立ちを隠せなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000039-nks_fl-base
************************************************************
ローズのホームランに頼りきっているようではなかなか勝てませんね。元気の良い若手が台頭してきてほしいものですね。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 07:29| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

待ちに待った一発!オリックス・カブレラ、移籍1号!

(パ・リーグ、オリックス7−2日本ハム、2回戦、1勝1敗、5日、京セラドーム大阪)スタンドインを確信して、両手でバットを放り投げた。西武から移籍したカブレラに、待ちに待った一発が飛び出した。

 「完璧(かんぺき)に打ち返せた。感触もバッチリだったし、打った瞬間に入ると思ったよ!」

 二回一死、122キロのスライダーを強振。打球は5階席下の看板にブチ当たる推定135メートル弾。今季14試合、48打席目での「1号」だった。

 「チームの手助けになれなくて重圧はあった」。前日4日まで打率.065。今月3日には古巣の西武関係者に頭を下げ、49、55、50本塁打を放った01−03年のビデオをもらって資料室にこもり、打撃フォームをチェックした。「悪いときは体が突っ込んでしまっていた」。プライドを捨て、帰宅後も素振りを繰り返した。

 悩める男の復活に、4番ローズも祝砲だ。六回に勝ち越し2ランで、今季初のアベック弾。「きょうはカブレラの日」と取材を断り、こちらが主役とばかりにシャイなカブレラの背中を押した。

 「ついに火を噴いたね」。テリー・コリンズ監督は自らのイニシャルでもある「TC砲」にご満悦。連敗は3でストップした。“ビッグボーイズ打線”が本領発揮。さぁ、巻き返しのときがやってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000020-sanspo-spo
************************************************************
カブレラが目覚めたとなるとカブレラとローズが並ぶ打線は脅威になりそうですね。


大阪府ホテル宿泊施設情報
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 11:17| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

鴨志田大乱調、打線も元気なし

【オリックス2―3日本ハム】オリックスは3連敗で単独最下位。鴨志田の大乱調に、コリンズ監督は「あそこまで悪いと思わなかった」と話した。打線は7回に日高の2号ソロで1点差に迫ったが、8、9回と先頭打者を出しながらも得点に結び付けられなかった。不調が続く外国人選手の中でラロッカが2安打、カブレラも適時打を放った。指揮官は「これから調子は上向いてくるだろう」と話したが、終始元気がなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080405-00000011-spn-spo
************************************************************
やっぱりオリックスが最下位に。まあ前評判どおりというわけでこれ以上下がるわけではないので、これから頑張って欲しいものです。そういえば清原は?といっても全く期待していませんが。
清原に支払うお金で若手を10人育てたらどうよといいたい。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 10:21| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

オリックス 救援失敗で最下位に

【オリックス3−4西武】逆転した直後の8回から登板したオリックス・本柳、菊地原が2人で3連続二塁打を浴び2失点。痛恨の連敗を招いた。「中島への投球はボクのミス。プロとして本当に情けない。金子や近藤ら若手が頑張ってくれているのに…」。本柳が天を仰げば、菊地原も「いい流れで来たのに申し訳ない」とうなだれた。ロッテと並ぶ最下位。コリンズ監督は「(本柳が打たれた)栗山の初球も中島への球も高かった」と努めて冷静に振り返った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000012-spn-spo
************************************************************
オリックスが指定席の最下位にと思われないように、ここが踏ん張りどころですね。
posted by oosaka2008 at 13:47| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

<オリックス>浜中の移籍後初本塁打で逆転 西武降す

○オリックス10−6西武● 

 オリックスが5点差を覆した。3点を追う五回、浜中の移籍後初本塁打で逆転すると、八回には下山の三塁打などで4点を追加。1アウトも取れず降板した先発・光原の誤算を打ち消した。5点を先取しながら踏ん張れなかった西武の渡辺監督は、「あしたは取らないと」と苦い表情。

 ▽オリックス・コリンズ監督 逆転につながったのはブルペン(リリーフ陣)の踏ん張り。打線も良い傾向だ。

 ▽西武・渡辺監督 痛いね。初回に5点取れたけど、山本君に抑えられた。今日の負けをいい教訓にしたい。

 ○…オリックスの浜中は、移籍後初の本塁打が満塁弾になった。五回2死満塁で、インコースのスライダーを強振。「打った瞬間スタンドまで届くと思った」という当たりは、左翼ポール際に飛び込んだ。阪神時代の06年には20本塁打を放ったが、昨季は不振にあえいだ。昨年のシーズン終了後にオリックスに移籍。「何とかしたいという気持ちがホームランにつながった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000172-mai-base
************************************************************
浜中は今年からオリックスの選手なのですね。浜中が活躍するとオリックスも結構良い勝負ができるかもしれませんね。
posted by oosaka2008 at 14:50| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

オリックス、メジャー84勝投手獲得へ

パウエル獲得に失敗したオリックスが米メジャー通算84勝のラモン・オルティス投手(34=前ロッキーズ)を獲得することが3月31日、急浮上した。01年から3年連続で13勝以上を挙げたエンゼルスの元エースで右の本格派だ。
 中村球団本部長はかねて「意地でもパウエル以上を」と、外国人の先発投手補強に力を入れてきた。1月末にはパウエルの「二重契約問題」が起こり、結局、ソフトバンクに奪われる形となった。3月初旬から宮田調査・渉外グループ部長らが渡米し、綿密な調査を行い、すでに帰国。開幕ロースター漏れの同投手が獲得できれば、パウエル以上の活躍を十分期待できる。
 先発陣の台所事情は火の車だ。平野、デイビーが長期離脱となり、先発が足りないのが現状だ。オルティスはツインズからロッキーズに移籍した昨季こそ5勝止まりも、02年には15勝でエンゼルスの世界一に貢献。翌03年には自己最多の16勝と、実績は申し分ない。契約に至れば来日後すぐに登板が可能。投手陣にとっては心強い助っ人になる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000030-nks-base
************************************************************
ちょっと気がかりなのはこのくらいの成績を残している選手がなぜかメジャーに残れないということかな?故障でもしているのではないでしょうか。
posted by oosaka2008 at 10:55| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

<オリックス>連敗4で止める ロッテの連勝は3でストップ

○オリックス4−1ロッテ●(30日)

 オリックスが同点の八回2死二塁から、阿部の適時打とローズの今季初アーチで勝ち越し、連敗を4で止めた。今季初勝利の川越は「前回悪かったので早く投げたかった」と中4日登板を生かした。ロッテの連勝は3でストップ。渡辺俊が左を6枚並べた相手打線につかまった。

 ▽オリックス・コリンズ監督 打線がつながり始めたのはいい傾向だ。まずは勝率5割を目指す。

 ▽ロッテ・バレンタイン監督 (渡辺俊は)ローズの場面で疲れていた。いい投球をしたが燃料切れだ。

 ○…オリックス期待の外国人クリーンアップ「ビッグボーイズ」に9試合目にして、ようやく初本塁打が出た。1点を勝ち越した直後、ローズが渡辺俊のシンカーをバックスクリーンに運んだ。「スロースタートだったが、まだまだシーズンは長いから」とローズ。

 しかし、4番に入ったラロッカは1安打だけ。カブレラは欠場。試合前に志願の特打ちをしたカブレラは「だいぶよくなった」と言いながらも「本塁打? いや、まずはヒットだ」。ビッグボーイズのアーチ競演は、まだ先になりそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000031-mai-base
************************************************************
ローズは相変わらず大したものですね。もう結構な年なのに、ホームランを打つ力を持っているとはね。
posted by oosaka2008 at 11:28| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

宮内オーナー「トレードことごとく失敗」

オリックスの宮内義彦オーナー(71)が5月31日、また不満を爆発させた。巨人移籍の谷、ロッテ移籍の早川、自由契約で中日入りの中村の名前を列挙し、「うちを出た3人の活躍ぶりを見ると、トレードはことごとく失敗」と断罪した。3選手は他球団の1軍主力で活躍。反面獲得した鴨志田、長田、辻の3選手が依然1軍定着すら厳しい状況に堪忍袋の緒が切れた。
 特に不満は早川の暴れっぷりという。オリックスでは1軍に定着できなかったが、移籍した途端、2番打者で3割以上をマーク。オーナーは「早川は私が(トレード責任者から)聞いていた情報とは全然違った」と不快感をあらわにした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000115-nks-spo
************************************************************
うむむ、宮内オーナーの怒りはごもっともでしょう。近鉄とオリックスを統合して良い選手だけ残して、残りは楽天に押し付けていいとこ取りをしたはずが、その楽天よりも成績が悪いのですからね。さらに大枚をはたいて獲得した清原選手は、全く試合にも出ないで高額の年俸だけはふんだくられるし、ずうっと手塩にかけて育てたはずの中村選手は、新人選手なみの安い年俸で中日に取られてなおかつ活躍されているというのですから、宮内オーナーでなくてもオリックス・バッファローズのフロントは全とっかえしたくなるでしょう。

ともかくオリックスは、プロ野球の経営に向いていないようなので、サントリーあたりにさっさと売却して撤退したほうがよいのではないでしょうかね。オリックスという球団のイメージは弱いというもので、もう良いイメージにすることはできないでしょうし、球団を持っている価値はないでしょうから。
posted by oosaka2008 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

【オリックス】ローズ超特大弾で5連勝

<オリックス2−1阪神>◇25日◇京セラドーム大阪
 オリックス・ローズが超特大の155メートル弾で勝利を引き寄せた。0−0の4回。阪神先発ボーグルソンの速球をジャストミート。打球はバックスクリーン上部、5階席との境界線のフェンスにブチ当たった。「前の打席で、2−1から真っすぐで三振してしまったので、この打席は真っ直ぐを狙ってた。完ぺきにとらえることができたよ」。値千金の先制の14号2ランでチームは2年ぶりの5連勝。26日の阪神戦で6年ぶりの6連勝をかける。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070525-00000040-nks_fl-base
*************************************************************
それにしてもローズは凄いね。もうホームランを14本も打っているのだから。もしローズがいなかったら、オリックスの成績は・・・。
posted by oosaka2008 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

【オリックス】投壊11失点で最下位転落

<西武11−8オリックス>◇2日◇グッドウィル
 打線はローズの10号ソロ、ラロッカの10号2ランなど15安打で8点を奪った。だが先発川越をはじめ緊急投入したセラフィニ、カーターらの主力投手陣が大乱調。ともに今季ワーストとなる18被安打11失点の惨敗で、ついに最下位に転落した。今季初の5連敗、そして借金7の泥沼にコリンズ監督は試合後、緊急ミーティングを開催。「みんなもっと強い気持ちを持って戦ってくれ!」とゲキを飛ばした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000040-nks_fl-base
*******************************************************
やっぱりオリックスが最下位というのは仕方ないですね。楽天がマー君の活躍で健闘しそうですし、日本ハムも昨年の日本一のチームなのですから。他の3チームにはチーム力で適う相手ではないので、最下位でシーズンを終わるのでは?

posted by oosaka2008 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

オリックスが大勝=プロ野球・楽天−オリックス

オリックスが17安打で11点を奪い大勝。1回、ローズの適時二塁打と北川の3ランで4点を先行。3回にも北川の適時二塁打などで3点を奪い、その後も着実に加点した。川越は6回1失点で初勝利。楽天は岩隈の先発回避が響き、4連敗。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000091-jij-spo
*********************************************************
何だか予想外にオリックスが強いようです。それに比べて期待はずれなのが楽天。岩隈が先発を回避したのが敗因なのでしょうけど、どうも楽天は歯車が狂っているようで、このままずるずると最下位に定着しなければ良いのですが。
posted by oosaka2008 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

オリックス・清原、ひざの経過は順調=プロ野球

オリックスの清原和博内野手が29日、東京都内の病院で左ひざの診察を受けた。2月に受けた内視鏡手術の経過を診るためで、球団によると順調に回復しているという。4月以降は本格的な歩行練習をする予定で、5月中の実戦復帰を目指す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000231-jij-spo
******************************************************
ローズがホームランを打ちまくって、好調なオリックスですから、5月には上位にいる可能性が高いです。
ぜひローズ、清原というクリーンナップを見てみたいものです。アベックホームランなんて最高でしょうね。
posted by oosaka2008 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

オリックス・ローズ595日ぶり本塁打

<ソフトバンク5−8オリックス>◇24日◇福岡ヤフードーム
 ローズはやはり、ローズだった。1年間のブランクも、それがどうした。同点の3回無死一塁で、斉藤和の141キロ内角ストレートをピンポン玉のように右翼スタンド中段へ運び去った。巨人時代の同僚だったソフトバンク小久保を「1年も野球をやってなくてあんなん打ったらあかんでしょう…」とあきれかえらせた1発だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000111-nks-spo
*******************************************************
今年のオリックスは最下位争いの本命だと思っていたのですが、もしこのままローズが打ち捲くったらパリーグは大混戦になるかもしれませんね。もちろんそうなった方が盛り上がりますので、ローズには大活躍をして欲しいものです。でもまさか1年もブランクがあるのに開幕戦から斉藤和からホームランを打つなんてびっくりです。
posted by oosaka2008 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

清原、手術後のリハビリ開始=5〜6月復帰へ「段階を踏む」−プロ野球オリックス

オリックスの清原和博内野手が17日、神戸市の室内練習場で左ひざ手術後のリハビリを始めた。
 この日は下半身の筋力トレーニングに約2時間をかけ、自転車を使った運動も実施。清原は「段階を踏んでやっていきたい。手術をしてよかった。(手術前の)あのままの状態なら、4月か5月にひざを壊していたかもしれない」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000057-jij-spo
*********************************************************
思ったよりも早く復帰ができそうですね。野球人生も残りあとわずかなのですから、早く万全の体調に戻して清原選手の活躍をみたいものです。がんばれ清原!!!
posted by oosaka2008 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。