2009年04月06日

4月5日 オリックスVSソフトバンク 第3戦

2009年4月5日 パ・リーグ ヤフーD
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
オリックス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
ソフトバンク 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1x 2
投 手
オリックス 岸田 ―清水 ―菊地原 ―本柳 ―川越
ソフトバンク 杉内 ―摂津 ―神内
   
【勝】 神内 1勝 0敗 0S
【負】 川越 0勝 1敗 0S
【S】  勝 敗 S
本塁打
オリックス カブレラ1号
ソフトバンク 松中1号
************************************************************
カブレラの1発だけでは勝てませんね。
posted by oosaka2008 at 21:41| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

4月4日 オリックスVSソフトバンク 第2戦

2009年4月4日 パ・リーグ ヤフーD
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
オリックス 0 0 0 3 2 0 0 0 0 5
ソフトバンク 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
投 手
オリックス 近藤 ―菊地原 ―ボーグルソン ―加藤
ソフトバンク 大場 ―三瀬 ―ファルケンボーグ ―久米 ―水田
   
【勝】 近藤 1勝 0敗 0S
【負】 大場 0勝 1敗 0S
【S】 加藤 0勝 0敗 1S
本塁打
オリックス ローズ1号
ソフトバンク 小久保1号
************************************************************
初戦で負けただけに心配でしたが、今年もローズは元気なようです。一体何歳になった?
posted by oosaka2008 at 22:00| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

4月3日 オリックスVSソフトバンク 第1戦

2009年4月3日 パ・リーグ ヤフーD
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ソフトバンク 1 0 3 0 3 0 1 0 x 8
投 手
オリックス 小松 ―平野
ソフトバンク 和田
   
【勝】 和田 1勝 0敗 0S
【負】 小松 0勝 1敗 0S
【S】  勝 敗 S
本塁打
オリックス
ソフトバンク
************************************************************
和田が相手では負けも仕方がないのかもしれませんね。それにしても小松は出来が悪かったようですが、今年は昨年のように活躍できるのでしょうか?
posted by oosaka2008 at 22:00| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

KITA〜小松8連勝で14勝

<オリックス5−1ロッテ>◇22日◇京セラドーム大阪
 パクリまで粘っこかった。お立ち台のオリックス小松聖投手(26)は「織田裕二のモノマネをする山本高広」のマネをバージョンアップさせた。「K・I・T・A、キタァ」と絶叫。最後は残っていた観客と「キタァ」の大合唱。8連勝の14勝目だからできる堂々たるパクリだった。
 ベンチ裏に下がっても「スペル合ってました? 前回投げ終わった次の日にローマ字で行こうと。(広島の)斉藤君にパクられたんで。ぼくもパクってるんですけど」と止まらない。初回にロッテ里崎に先制被弾も、2回以降は持ち前の粘りでゼロ行進。大石監督が「監督就任して初めてブルペンのモニターを見なかった」という1失点の完投だった。
 8連勝のうち6勝が、前の日の試合でチームが負けている。21日も8投手の継投で今季ワーストの22被安打。だが「(完投は)思ってなくて、後ろには中継ぎ、抑えがいると信じて投げた」と必要以上の責任感を抱え込まなかった。
 粘りと勢いで3位日本ハムに3ゲーム差。24日にもクライマックスシリーズ進出が決定する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000034-nks-base
************************************************************
オリックスとしては清原選手引退を日本シリーズ進出して日本一と勝ち取って祝いたいところですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:33| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

清原 ラスト神戸は代打で三振

「オリックス7-1ソフトバンク」(18日、スカイマーク)
 スカイマークスタジアム今季最終戦。オリックス・清原が八回、9試合ぶりに代打出場を果たした。結果は三振に終わったが、ヘルメットを取って、大歓声を送ってくれたファンに謝意を示した。清原は06年の「クルーンからサヨナラホームランを打ったのも、サヨナラの日本記録(20度目、12本塁打)を作った(8月29日)のも、ここ。いい思い出しかない」と感慨深げに話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080919-00000018-dal-base
************************************************************
清原選手の現役姿を見られるのもあとわずかですね。最後にホームランを見せて欲しいものです。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 13:12| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

オリックス連勝止まった5差…CSマジックお預け

◆日本ハム7−4オリックス(13日・札幌ドーム) 勝てば、クライマックスシリーズ進出マジック11が点灯した一戦。先発3本柱のひとり、山本が4回7安打5失点と先発転向後最短のKO。「今日は先発の出来の差が出た試合ですね。それに尽きます」大石監督は淡々と振り返った。

 制球力が武器の左腕が初回、先頭打者に四球を許した。1死一、二塁から、右翼へ高橋に2点二塁打で先制を許すと、3回には甘く入った133キロの直球を、稲葉に左翼スタンドに運ばれた。4回にも3本の安打で2点を失い、計5失点。「申し訳ない、のひと言です。結果がすべてです」と硬い表情だった。

 今季は中継ぎでスタートし、4月8日のソフトバンク戦(熊本)で先発転向。9勝を積み重ねてきたが、最近5試合で1勝4敗。2ケタ勝利を目前に、足踏みが続いている。「低めの制球力ときれがいいときと比べると足りない。でも今後も(山本)省吾を信じていくだけです。負けてもいいから思い切って投げろということです」大石監督は山本への信頼を変えない。西武とは5ゲーム差。踏ん張りどころだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000079-sph-base
************************************************************
さすがに6連勝はできませんでしたが、勢いはまだありそうですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:13| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

カブ&ローズ弾なら11勝1敗!オリ4連勝

<オリックス6−1ロッテ>11日◇スカイマーク
 オリックスが負けない−。5回1死一、二塁。ローズが内角低めの初球142キロを振り払う。打席から出ることなく、打球を見上げる。右翼席を飛び越え、アッパーデッキへの階段付近に飛び込むと、跳ね返ってグラウンドに戻ってきた。この日2本目の36号3ラン。4連勝を確信するかのように、ゆっくりベースを回った。「今日は全部初球だから3打席で3球。サンキューベリーマッチ」。前夜10日のサヨナラ打から4打席連続の初球打ちは、迷いなく突き進むチームの象徴だった。2回の1打席目で放った35号ソロで日米通算450号を達成。「アメリカで13本ね。でもチームを優勝させるためだけにやってる」と個人記録に関心を示さなかった。
 同点の3回にはカブレラが34号勝ち越し弾。衝撃でバットに残ったボールの跡を確かめながら「打った瞬間入ると思ったよ」と、2人が打てば11勝1敗だ。大石監督も「打つべき人が打ちましたね」とうなずく。4連勝。突き抜けたオリックスが、まだ加速する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000032-nks-base
************************************************************
この分だとまさかの逆転優勝だって夢ではなさそうですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:34| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

発熱欠場清原からパワー、後藤V打!レオに最接近5差…オリックス

◆オリックス4−3ロッテ(9日・京セラドーム大阪) 打席での余裕が、後藤の迷いのないスイングとなった。同点の5回2死一、二塁。今季、この打席まで12打数6安打とカモにしている渡辺俊の初球のカーブを振り抜くと、打球は右翼線へ。「相性もいいし、自信を持っていた」勝ち越しの適時二塁打で“2位攻防戦”の初戦を取った。

 眼下の敵を引き離す一打には、この日は発熱で欠場した清原も力を与えていた。先月下旬、巨人・ラミレス仕様のバットとともに「感性を大事にしろ」というアドバイスをもらった。この日は自分のバットを選択したが「それ(感性)で使い分けている」と説明。背番号5の言葉を大事にしている。

 6日に首位・西武に連勝を7で止められたが、再び2連勝で、西武に今季最接近となる5ゲーム差まで迫った。大石監督は「3位までの輪の中に入っていればいい」と言うが、うっすらと獅子の尾も見えてきている。無心で戦うオリックスが、奇跡の逆転Vも夢ではなくなってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000095-sph-base
************************************************************
オリックスがまさかの逆転優勝なんて・・・。誰も予想もしなかったようなことが起きるかも。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 13:07| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

勢い止まらないレオ倒7連勝で貯金4!…オリックス

◆オリックス8−3西武(5日・スカイマーク) 自分だけ、乗り遅れるわけにいかない−。たまったうっぷんを晴らすかのように、大引は内角低めの直球を思い切り引っ張った。0−1で迎えた2回1死二塁。痛烈な打球が左翼線を破り、同点の適時二塁打が生まれた。「内角にくると思っていた。読み通りでした。自分にとっても大きな1本」この安打で吹っ切れたように、今季初の4安打。昨年5月以来の7連勝に導いた。

 チームが6連勝する間、打率2割3分5厘と好調の波に乗りきれなかった。だが、6月に右手人さし指を骨折して離脱した2か月半の間、欠かさずチームの試合を見続けてきたプロ2年生は、流れをつかむ瞬間を待っていた。「今日は皆さんのいい流れにのせてもらいました」復帰後、初めてお立ち台にも上がり、表情にも明るさが戻った。

 北川も不調を振り切った。3−1の3回無死、2球目の140キロ直球を右翼席へ運ぶ11号ソロ。陽気な選手会長も、今回の連勝中は打率1割5分8厘だったが、この日は3打数2安打。「これで吹っ切れるように頑張ります」と笑顔をみせた。

 この日まで6勝13敗と苦手にしていた西武戦。さらに今季4度対戦し、3勝を献上していた天敵・帆足を打ち砕いた価値ある1勝。9月以降、貯金4を手にしたのは、2001年以来7年ぶりだ。大石監督は「一戦一戦積み重ねるだけですよ」と笑ったが、勢いはとどまるところを知らない。ローズ、カブレラだけじゃない。出遅れていた男たちも上昇気流に乗ったオリックスに、怖いものはない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080906-00000056-sph-base
************************************************************
今のパリーグで一番強いチームは間違いなくオリックスですね。このままこの勢いでクライマックスシリーズも勝ちまくって日本シリーズでも勝って日本一なんてことが起きたら面白いですね。可能性は十分にありそうです。そのときは途中で監督を投げ出したコリンズさんがアメリカで地団太を踏むことになるかも。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:09| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ローズ満塁弾カブ2ラン、オリ6連勝2位

<楽天4−6オリックス>4日◇Kスタ宮城
 オリックスが、ついに2位に浮上した。「CR砲」の活躍で楽天を下し、日本ハムにサヨナラ負けしたソフトバンクを抜いた。4番ローズが34号逆転満塁弾を放てば、3番カブレラはダメ押し32号2ランの今季11度目揃い踏み。今季初の6連勝を決め、貯金を今季最多3とした。9月以降の2位は98年10月8日以来、約10年ぶりになる。初のクライマックスシリーズ進出が現実味を帯びてきた。
 我慢は報われた。2点を追う5回表2死満塁。ローズはフルカウントになるまでの2球の判定に不服な表情を見せた。自問自答するかのように自らを鎮め、腹に収めた6球目、外角へ抜けた楽天木谷のフォークは見逃せばボールだった。コースも高さも、関係ない。振り抜くと、打球は左翼席へ吸い込まれる逆転34号満塁アーチ。珍しくガッツポーズをし、両手を広げて本塁へ戻ってきた。
 うらみ節などない。微妙な判定には「ノーコメント」。それでも「ナイス我慢」と笑った。不惑の我慢に、カブレラも共鳴する。7回表2死一塁で左翼席へ32号2ラン。前日3日の同戦で、守備機会で左ひざを強打したがアイシング治療で先発を直訴していた。今季11度目の「CR砲」アベック弾で初の6連勝。ソフトバンクが負け、9月以降としては98年10月8日以来10年ぶりの2位浮上だ。
 もう個人記録など頭にない。ローズは西武中村にキング争いで1本差に詰め寄っても「タイトルより優勝。本塁打王は取ったことがあるが、チャンピオンシップは取ってない」と語気を強めた。近鉄在籍時の01年にはリーグ優勝を経験しているが、日本一はない。10年ぶりの2位は通過点でしかない。
 大石監督もローズの逆転弾に「結果的には試合を決めた。2球くさいところをストライクと言われて、よく我慢して集中していた」と感心した。私欲や瞬時の感情に身を委ねない4番が、運んできた勝利だった。指揮官も2位浮上に「(気にするのは)もう自分のところだけです」と他球団の勝敗に一喜一憂しなかった。8年連続Bクラスに低迷してきたチームが、過去の悔しさをバネに、6連勝を勢いにして5日から首位西武と激突する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080905-00000029-nks-base
************************************************************
やっぱりオリックスがここまで調子が良いのは、カブレラとローズの34番が強力だということに尽きるのでしょうね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 12:35| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

オリ今季初5連勝2位ソフトBに0差

<楽天2−4オリックス>3日◇Kスタ宮城
 オリックスが強い。今季初の5連勝で、最多タイの貯金2とした。先発の小松聖投手(26)が楽天相手に、7回を4安打7奪三振2失点で11勝目を挙げた。チームの勝ち頭で、新人王候補最有力だ。ソフトバンクが勝ったため、2位浮上とはならなかったものの、雨の仙台でクライマックスシリーズ(CS)進出の足固めに入った。
 打たれてからが強い。7回裏、フェルナンデスに2ランを浴び、2点差に迫られた後だった。小松は、切り替えて、崩れない。鉄平をカーブで一ゴロに仕留め、後続も断った。7回2失点の11勝目は、楽天戦での先発5連勝となる白星でもあった。
 仙台の雨の中でも、足下がぐらつくことはなかった。「条件は相手も同じ。キッチリ抑えればチームも勝っているし、勝てると思いました」と振り返る。楽天戦の勝率10割には「たまたま楽天戦が続いているだけですし、打線は強力。外国人3人いるんで、フルスイングさせないことを意識した」と、細心の注意が結果に結びついた。
 11勝は、オリックスの勝ち頭で、新人王の最有力だ。それでも「12勝でも13勝でもチームに貢献することが大事だし、他の投手も勝っていくと思う。負けないように楽しんで投げたい」とチームの勝利しか頭にはない。
 大石監督も「この雨の中小松がよく粘って、落ち着いて投げてくれた。投手としては『いつ雨が強くなるか』という心理があると思う」と、それでも揺れない気持ちの強さに目を細めた。
 チームは今季初の5連勝で貯金2。2位ソフトバンクが日本ハムに勝ったため、2位浮上とはならなかったが、ゲーム差なしの3位にピタリ。4位日本ハムには2ゲーム差をつけて、クライマックスシリーズ進出の足固めに入った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000031-nks-base
************************************************************
まさかオリックスがここまで上がってくるとはファンもびっくりかも。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:02| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

清原丸2年ぶり打点!オリ4連勝160日ぶり貯金1

◆楽天3−10オリックス(2日、Kスタ宮城) 7回以降の3イニングで11安打9点。11試合ぶりに本塁打なしの試合ながら、つなぐ野球で今季2度目の4連勝を飾り、オリックスベンチは明るいムードに包まれた。

 1−2で迎えた7回。先頭の下山が中前安打すると、続く小瀬が初球をとらえ左中間を破る同点の適時二塁打。さらに1死二、三塁から、カブレラの適時打で逆転。ローズの適時打、北川の犠飛で、この回4点を奪って一気に試合の流れを一転させた。

 そして最後は清原がとどめを刺した。5点差の9回無死二、三塁から、長谷部の143キロのストレートを右翼フェンス直撃の2点適時打。2006年9月2日のロッテ戦(大阪D)で放った525号本塁打以来、2シーズンぶりの打点だ。

 3月26日以来となる貯金1。100試合を過ぎた段階では05年8月13日以来となる貯金生活。2位・ソフトバンクとのゲーム差もなくなり勝率で1毛差まで迫った。「戦い方は今まで通りです」大石監督が手綱を引き締めても、歯車がかみ合い始めた猛牛軍団が、混戦パ・リーグの主役に躍り出る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000078-sph-base
************************************************************
ついに貯金までするとはオリックスは本当に強いですね。一体どうしてしまったのでしょうか?


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 09:17| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

清原引退セレモニー10・1ソフトバンク戦 2万枚即完売

今季限りでの現役引退を決めているオリックス・清原和博内野手(41)の引退セレモニーが行われる10月1日のソフトバンク戦(京セラD)のチケットが1日、発売開始され、約2万枚が即完売する異例の大盛況ぶりをみせた。

 朝10時から発売開始となったプラチナチケットを求め、京セラDやスカイマークなどのチケット発売所では長蛇の列をつくるファンの姿も見られた。今回販売されたチケットのうち、人気の内野自由席は十数分で完売。外野自由席など、普段は当日でも入手できる席にも殺到し、約1時間で売り切れた。

 球団関係者も「(05年に近鉄との)合併後は最高の売れ行きです。(イチローなどが所属し、優勝を争った)97年以来じゃないですか」と、反響ぶりに舌を巻いた。

 チームも勝負の9月を前に3位浮上。清原はこの日、2日からの楽天3連戦(Kスタ宮城)に向けて仙台入り。ファンを魅了し続けてきた背番号5のラストシーズンが、いよいよ熱を帯びた盛り上がりをみせてきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000018-sph-base
************************************************************
さすが清原選手ですね。まあ清原ファンとしては見納めになるわけですから、引退試合を見ないわけにはいかないのでしょう。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 11:22| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

オリックスが来たー!単独3位、2位に1差!!

◆オリックス5−1日本ハム(31日・京セラドーム大阪) 快進撃を演じた8月のフィナーレを飾る打球が伸びた。同点とした直後の5回2死一、二塁。「遅いボールにヤマを張っていた。完ぺきにとらえられたよ」多田野のフォークを粉砕したのはカブレラだ。左翼5階席に飛び込む特大の31号3ランで勝利を呼んだ。

 3連戦すべてにアーチをかけ、3連勝に貢献した。8月だけで本塁打を10本も量産。自身5度目となる月間MVPの有力候補にも躍り出た。

 この日は母国・ベネズエラでよく食べられる「エンパナーダ」というミートパイに似たスナックを持参した。「いいものを食べて、毎日すごく練習をしているからね」来日8年目。自己流の調整法はお手のものだ。

 チームは単独3位に浮上。最大11あった借金を完済し、4月1日以来の勝率5割に戻した。日本ハム戦の連勝は9。リーグ優勝した95年、11連勝以来の快挙で、吉兆と言える。2位・ソフトバンクにも1ゲーム差。大石監督は「あと約1か月ですから、調子を維持することは可能」と残り25試合に自信を深めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000059-sph-base
************************************************************
ええっ。オリックスがもうすぐ2位になるかも・・・。なんともすごい勢いですね。一体オリックスに何があったのでしょうか。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:13| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

ローズ32号&カブ30号アベック弾…オリックス3位

◆オリックス7−2日本ハム(30日・京セラドーム大阪) 好調な今のカブレラなら、どんなコースでも軽々とスタンドまで運んでしまう。オリックス5点リードの5回1死一塁だ。長いリーチを生かして外角の直球をたたくと、打球はダメ押し2ランとなってバックスクリーンに飛び込んだ。帰ってきたベンチで、太さを競い合うように清原と右の二の腕をぶつけ合った。

 恐怖の3、4番がそろい踏みすれば、向かうところ敵なしだ。来日8年目で6度目の30本塁打に到達したC砲が「とてもうれしいね」と笑顔を振りまけば、3回に右中間への32号2ランを放ったローズは「今日は彼に(取材に)行ってよ」と盟友を持ち上げた。「30発コンビ」のアベック弾は今季10度目だが、9勝1敗の高勝率。「本塁打を打てる打者がそろっているのは心強い」と、大石監督も満足の表情だ。

 3安打したカブレラの調子と併せるように、チームのムードも高まってきた。この1勝で2か月連続の月間勝ち越しを決めるとともに、対日本ハム戦を8連勝とし、4月9日以来となる同率3位に返り咲いた。

 終盤で3位につけるのは、仰木監督のもと、あと一歩でプレーオフ進出を逃した2005年9月以来のことだ。現状ではライバルの日本ハムをカモ扱いしており、悲願のクライマックスシリーズ進出が完全に射程圏に入ってきた。

 それでも指揮官は、「途中で順位が良くなっても最後に下位になったら意味がない。一戦一戦、大事に戦っていくだけです」と、気を緩めることはない。8年連続Bクラスにもかかわらず、カブレラらの補強で開幕前から他球団に警戒されていた猛牛軍団が、気が付けばリーグの主役を狙える位置までのし上がってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080831-00000025-sph-base
************************************************************
オリックスは強いですね。前半戦の成績から考えるとこの時期に3位になるとは誰も予想しなかったのではないでしょうか。さて最終的にどうなってしまうのでしょうね、


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:51| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

4発で日本ハム戦7連勝!3位に1差…オリックス

◆オリックス7−4日本ハム(29日・スカイマーク) 両手に残った感触が、打球の行方を教えてくれた。0−2で迎えた初回2死一、三塁。浜中は5球目となる141キロの直球を振り抜き、ゆっくりと左翼スタンドを見上げた。逆転の9号3ランが、左翼2階席ではねた。「会心の当たり? つまった、つまった」試合後は笑いながらはぐらかしたが、推定飛距離135メートル弾。特大の一発で、花火大会の始まりだ。

 続く後藤が右翼席へ2者連続となる9号ソロ。5回にはカブレラが右翼ポールを直撃する29号2ランを放ち、リードを広げた。とどめは6回の北川。「久しぶりに感触のいい本塁打」と言う05年以来の2ケタ本塁打となる10号ソロを左越えへ運んだ。7月6日の日本ハム戦(帯広)で6本塁打を放ち大勝して以来、このカード7連勝。その間16本塁打と、クライマックスシリーズ圏内を争うライバル相手に、自慢の長打力が爆発している。

 日本ハムに1ゲーム差。30日の同カードに勝てば、勝率で3位に並ぶ。コリンズ前監督時代の5月には、最多で11の借金を背負い込み、最下位に沈んでいたチームが、今や3位争いの台風の目。「これからも一戦必勝の気持ちでいきます」大石監督は気を引き締め直した。雨中の試合でみせた快勝劇で、オリックスが目指す場所へと再接近だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080830-00000026-sph-base
************************************************************
最近のオリックスは強いですね。管理野球よりも放任野球が向いている選手が多いチームなのかもしれませんね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 10:10| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

オリックスの清原、会見で「来年はグラウンドに立てない」

 プロ野球・オリックスバファローズの清原和博内野手(40)が2日、今季限りで現役引退する意向を明らかにした。

 清原選手は昨年の2度に渡る左ひざの手術を乗り越え、3日から約2年ぶりに一軍復帰を果たす予定だが「こんな状態なので、来年はグラウンドに立てないと思う」と話した。

 清原選手は巨人からオリックス入りした2006年9月に戦列を離れて、昨年は春季キャンプを離脱、一軍出場はなかった。今季は二軍戦を経て、3日から一軍に合流する予定で、2日に記者会見した。

 清原選手は、大阪・PL学園高で1年から4番に座り、同級生のエース桑田真澄投手(元巨人)と、甲子園に春夏5回出場。夏優勝2回、春、夏準優勝1回と活躍。甲子園通算13本塁打を放つなど、「KKコンビ」として人気選手になった。

 1986年、ドラフト1位で西武入りして新人王に輝き、主砲として8度のリーグ優勝、6度の日本一に貢献した。97年にフリーエージェント(FA)権を行使して巨人に移籍。2000年、02年の日本一に貢献。04年に通算2000本安打、05年に500本塁打を達成した。

 3冠タイトルとは無縁だったが、勝負強さが身上で、通算サヨナラ本塁打12本、通算サヨナラ安打20本、21年連続二けた本塁打などのプロ野球記録に輝く。また大舞台に強く、オールスターでの最高殊勲選手7度、34打点は歴代1位。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080802-00000023-yom-base
************************************************************
引退が3年くらい遅いですね。もうとっくに引退しているべき選手なのに、高額の年俸をもらって今年まで現役を続けていたことに驚くばかりです。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:47| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

カブ逆転サヨナラ弾、大石オリ初3連勝

「オリックス4-3中日」(14日、京セラD)
 オリックスが2本、中日が3本のソロ本塁打というアーチ合戦で迎えた九回裏無死一塁。こんな試合でカブレラが黙っているはずがない。待っていたスライダー。こん身のパワーを込めてひっぱたいた。自分でも「どこまで飛ぶんだろう」と見とれるほどのビッグアーチを左翼5階席中段にまで運び、大石監督代行に初の3連勝をプレゼントし、チームの借金も4月19日以来となる4にまで返済した。
 西武時代の昨年4月22日、オリックス戦以来となる自身5度目のサヨナラ本塁打。興奮するベンチの中で、ひときわ大きく響き渡ったのが「ローズのおかげよ!」という、ローズ本人の声だった。
 というのも普段920グラムのバットを使っているカブレラだが、やや重く感じたこともあって2日前にローズのバットを試してみると、これが「ちょうどよかった」という。この日は1打席目からローズのバットを使い、いつも「一番大事にしている」という最終打席で、最高の結果に結びつけた。
 これには大石監督代行も「ビックリした。期待はしてたけど」と“大ちゃんスマイル”満開だ。1点リードの六回から投入した小松が逆転を許し、また六、七回のチャンスでは続けて併殺と流れが悪かっただけに、一発の破壊力がより際立つ。もちろん、先頭打者でヒットを打ってお膳立てした下山に「よく出てくれた」と褒め上げる大ちゃん流の配慮も忘れない。
 あと1つ勝てば、交流戦5割以上が確定する。4度目となるローズとのアベック本塁打で、雰囲気も良くなるばかり。大石オリックスになって10勝7敗。クライマックスシリーズ進出は、全然夢物語ではなくなってきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080615-00000023-dal-base
************************************************************
最近のオリックスは強いですね。打線に破壊力があるだけに投手陣がしっかりすると台風の目になるかもしれませんね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 10:57| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

安定感抜群!オルティズが3連勝

「オリックス4-1横浜」(12日、京セラ)
 オリックス・オルティズが来日から3連敗後、3連勝で、メジャー84勝右腕の真価を発揮してきた。失点は二回、ビグビーに許したソロ本塁打のみ。それ以外は六回二死、76球で降板するまで、抜群の安定感を示した。
 受けた日高は「直球、変化球の切れ、コントロールとも一番よかった。今日の調子が続くんなら、すごいピッチャーですよ」と改めて見直すほどだ。“追い風”もあった。普段、電車通勤のオルティズは、行き先を間違えて球場入りが試合開始1時間半前。これが「よかったみたい」とは日高だ。やや繊細なハートの持ち主だけに「情報を入れない方が彼には合ってる」とプレーボールまでほとんど打ち合わせもしなかったことで投球に集中させることができた。
 大石監督代行は前日先発した金子を当面、中継ぎで起用、先発を4人で回すことを明言した。だからどうしても結果を残してほしかった、そのゲームでの快投。「もっとよくなるし、勝ち方は知ってるつもりだ」と胸を張った右腕が、これからも白星を積み重ねていく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000020-dal-base
************************************************************
オリックスは監督が交代してから結構調子を上げてきたような気がしますね。それにくらべて横浜の弱いこと・・・。


大阪市淀川区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/l.html
posted by oosaka2008 at 12:00| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

コリンズ監督辞任、選手と合わず孤立も…

<オリックス3−7阪神>◇21日◇スカイマーク
 オリックスのテリー・コリンズ監督(58)が21日、スカイマークでの阪神戦終了後に会見し、辞任を発表した。2年連続の成績不振による責任を取っての引責辞任で、22日から大石大二郎ヘッド兼内野守備走塁コーチ(49)が監督代行として指揮を執る。ジョン・ディーバス打撃コーチ(49)とマイク・ブラウン投手コーチ(49)も辞任。シーズン中に3首脳がチームを去る異常事態となった。
 阪神戦の敗戦後、選手食堂で緊急会見を開いたコリンズ監督は衝撃の言葉を口にした。「情熱のなくなった人間がプロ野球の監督を続けていくものではない。これだけ愛している野球にすべてを捧げることが難しくなったので監督を退き、去っていきたい」。電撃の辞任発表だった。腹心のディーバス打撃、ブラウン投手の両コーチも辞任。3首脳が一度にチームを去る異常事態となった。
 会見では質問をさえぎり、立ったまま一方的にまくし立てた。「期待の成績を成し遂げられず、申し訳ない。これが引き際かなと決断した」。理由は2年連続成績不振による引責。中村球団本部長に辞意を申し入れたのは16日夜だったという。3年契約の2年目とあって、球団も宮内オーナー直々に慰留した。同本部長は「2、3週間前から悩み抜いていたようだ。決意が固く断念せざるを得なかった」と明かした。
 06年オフにドジャース育成部長から監督に招聘(しょうへい)された。だが昨年は借金15で最下位に低迷。今季はカブレラを獲得し、ローズ、ラロッカとの「ビッグ・ボーイズ」打線を形成したが思うように機能しなかった。先発の平野、岸田、デイビーの3本柱が開幕から故障の不運も重なり、Bクラスに低迷していた。
 随所で導入したメジャー方式もことごとく裏目に出た。投手には試合だけでなく練習でも100球の球数制限。野手にも「試合で100%力を発揮するように疲れてはいけない」と居残り練習を禁止。選手からは露骨な怒りや戸惑いの声が噴出し、最後まで波長は合わなかった。「選手がどうすれば理解してくれるのか」。深めていった孤立感と成績不振が職場放棄とも受け取れる辞任劇となった。
 後任は大石ヘッドが監督代行を務める。大石代行は「昨日辞めると聞いたところ。このような時期に監督が辞めるのは悔しいし、残念」としながら「チーム一丸となって戦いたい」と困惑気味だ。後任コーチは打撃部門補佐の水口栄二(39)がチーフ格となり、投手部門は2軍から清川栄治(46)が昇格して赤堀元之(38)との2人体制を維持。また2軍投手コーチは酒井勉スカウト(44)の配置転換を検討するなど、あわただしい組閣に追われた。
 これでオリックスは01年仰木、02年石毛、03年レオン、04年伊原、05年仰木、06年中村、07年コリンズ、08年大石と8年間でのべ8人の監督が交代となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080522-00000028-nks-base
************************************************************
コリンズ監督も他のチームならもう少し戦えたかもしれませんが、オリックスではこういう結果になったのも仕方が無いかもしれませんね。


大阪市天王寺区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/i.html
posted by oosaka2008 at 12:41| オリックス・バファローズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。