2009年03月08日

3発快勝もG大阪に暗雲!DF加地が今季絶望か…J1第1節

◆J1第1節第1日 千葉0−3G大阪(7日・フクダ電子アリーナ) G大阪が悲劇に見舞われた。新加入FWレアンドロ、チョのアベック弾などで千葉に3−0で圧勝したが、元日本代表DF加地が左ひざを痛め、前半25分に途中交代。8日にも検査を受ける予定だが、前十字じん帯損傷の恐れがあり、最悪の場合、早くも今季絶望となる可能性が出てきた。

 右太もも打撲で出遅れていた加地は、1日の練習試合・JFLガイナーレ鳥取戦で復帰したばかり。不動の右サイドバック不在で挑んだ2月28日の富士ゼロックス・スーパー杯鹿島戦(国立)は0−3で惨敗しており、西野朗監督(53)は「加地は早い段階では戻れないと思う。前十字じゃないことを祈っている。また、そこを修正しないと」と苦悩の表情だ。連覇を狙うACL1次リーグ初戦の山東魯能戦(万博)を10日に控え、アジア王者に暗雲が垂れ込めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090308-00000088-sph-socc
************************************************************
加地が故障とは心配ですね。代表チームとしても痛いのでは。
posted by oosaka2008 at 21:45| ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

G大阪切り札山崎が決めた/アジアCL

<アジアCL:(4)G大阪2−0アルカラマ(シリア)(1)>◇準々決勝第2戦◇24日◇万博※カッコ内は2戦合計点
 G大阪初の4強入りを決めたのは、やはりこの男だった。FW山崎雅人(26)がまたACLで輝きを放った。0−0の後半38分、左サイドから抜け出し、相手DFとの1対1。フェイントでかわすや右足を振り抜き、相手GKと左ポストのわずかなすきまを豪快にぶち抜いた。0−1の負けでも4強入りだったが「引き分け狙いじゃなかった。角度がなかったから左に打った」。お立ち台で声を弾ませた。
 苦しい台所事情で、G大阪の切り札に成長した。FWルーカスが右ひざ靱帯(じんたい)損傷で欠場だったが、ベンチスタートだった。第1戦でも途中出場で決勝弾。西野監督は「途中からヤマ(山崎)を入れたのが正解。チームに変化をもたらしてくれる」と絶賛した。膠着(こうちゃく)状態になれば、豊富な運動量でかき回せる。指揮官から「ゴールに直結する動きをしろ」と何度も言われ続けた山崎は「やっとできるようになってきた」と胸を張った。
 これでACL8試合5得点となった。ゴールを決めた試合は4戦全勝の「神話」が続いている。「たまたまです」と謙遜(けんそん)するが、まぐれじゃない。横浜時代の04、05年にACLを2度経験し、1点ずつを決めている。アウェーではスタンドから瓶などが飛んでくるのは当たり前だった。劣悪な環境にも動じないずぶとさを養ってきた。
 準決勝は最高の舞台が整った。宿敵浦和と決勝進出をかけて対戦する。西野監督は「レッズとやりたいと思いながら臨んだ。日本の他クラブが王者にならなければいけない」と前年王者に挑戦状だ。ACL史上、日本勢同士の対戦は初だが、勝機は十分ある。Jリーグの5月17日浦和戦で得点を決めたのが山崎。「強い相手なので、絶対勝ちたい。ここまで来たらタイトルをとりたい」と力を込めた。絶対的な切り札がいる限り、決勝切符は譲らない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000026-nks-socc
************************************************************
そろそろ西野監督にタイトルが欲しいですね。もし岡田監督が何かあった場合は、西野監督が日本代表監督になってもらいたいわけで、そのためにはアジアの王者になってもらいたい。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 15:35| ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

G大阪3連勝!遠藤が岡ちゃんにアピール

「J1・第5節、G大阪2-0清水」(5日、万博)
 G大阪はホームで清水と対戦し、2-0と今季初の完封勝利を果たした。前半36分、MF遠藤保仁(28)のCKをDF山口智(29)が頭で合わせて先制すると、前半44分にもFWバレー(25)が追加点を挙げて完勝。3連勝で暫定3位に浮上した。鹿島は4-1と千葉を圧倒し、開幕5連勝。昨年9月22日の新潟戦からの連勝は14に伸び、J1歴代2位の15連勝に迫った。千葉は依然白星なし。京都はFW柳沢敦(30)の決勝ゴールで川崎を1-0で破った。
  ◇  ◇
 芸術的だった。前半36分のCK。G大阪MF遠藤の右足から放たれたボールは、ゴールへ向かって美しいカーブをかけた。フリーのDF山口が頭で合わせて先制点。「セットプレーでなかなか点が取れなかったから、コーナーから点が取れたのはよかった」。ガンバのセットプレーを一手に担う男は、自分の役割を果たし、ホッとした笑顔を見せた。
 気迫でチームを引っ張った。前半11分には、MF二川とのワンツーから、身を投げ出してヘディングシュートを狙った。「後ろから足が来てたのは分かったが、変にボールを取られてもね。ゴールできたら良かったけど」。右大腿(たい)四頭筋挫傷のDF加地、右足首ねん挫と打撲のFW播戸らケガ人続出のチームにあって、負傷を恐れない全力プレー。遠藤の“入魂ヘッド”が、G大阪攻撃陣の勢いを加速させた。
 3月のW杯アジア3次予選バーレーン戦で、遠藤は岡田ジャパン初のスタメン落ちを経験した。この日は、日本代表・岡田監督が視察に訪れたが「いつもとやることは変わらない。チームのためにいいプレーをして、その先に代表がある」と冷静だった。そんな遠藤のプレーを、代表指揮官は「清水に何人か期待した選手がいたけど、今日はガンバのほうが良かった。遠藤もすごく良かったんじゃない」と絶賛した。
 チームは今季初の3連勝で暫定3位に浮上した。しかも今季初の完封勝利のおまけつき。最高の形で、9日のアジアCLのアウエー、メルボルンビクトリー戦に臨む。「ようやくガンバらしいサッカーができつつある。メルボルンとは2戦連続で戦うし、2つとも獲りたい」と遠藤。予選敗退した2年前の悔しさと、確かな手ごたえを胸に敵地に乗り込む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000018-dal-socc
************************************************************
ようやくガンバ大阪らしい強さが出てきましたね。もう3位ということは優勝争いに食い込んできたということでしょうね。でも鹿島が強すぎてちょっと差があるかな。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 10:42| ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

<J1>ガ大阪が今季初勝利 東京ヴは1度追いつくも2連敗

○ガ大阪2−1東京ヴ●(30日)

 パスの精度、スピードで上回ったガ大阪が今季初勝利。前半13分、橋本のクロスを播戸がボレーシュートでたたき込んで先制。同点の後半31分にはルーカスがゴール前のこぼれ球を押し込んだ。東京ヴは前半は互角に渡り合い、28分に船越が左足で決めて追いついたが、後半は足が止まって2連敗。

 ▽ガ大阪・西野監督 得点できて結果も出たし、非常にいいゲームだった。後半、カウンターを食らったところは、今後修正していきたい。

 ▽東京ヴ・柱谷監督 ボール回しで負けて相手に奪われていたのが、後半になってジャブのように効いてきた。パスミスなど、質の悪さがすべてだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080330-00000037-mai-socc
************************************************************
ようやくガンバ大阪が初勝利ですね。西野監督には将来日本代表監督になってほしいと思っていますので、今年はぜひ優勝をしてほしいものです。
posted by oosaka2008 at 11:37| ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

J1 ガ大阪、前・後半の2点を守る 横浜FCは1点のみ

〇ガ大阪2−1横浜FC● ガ大阪は前半35分、遠藤からのパスを橋本が右足で決めて先制。守備的な戦いを続ける横浜FCに対して圧倒的に攻めながら追加点を奪えなかったが、後半34分に遠藤のPKで2点目を挙げて突き放した。横浜FCは後半32分にDF太田が退場となり、終了間際に平本のゴールで1点を返すのが精いっぱいだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000009-maip-spo
***********************************************************
ガンバは強いですね。なんだかんだといいながらきちっと勝利をあげて、無駄な負けを喫することがない。これはやっぱり西野監督の采配が良いからでしょう。オシム監督の後には、西野監督にぜひ日本代表監督をしてもらいたいものです。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

G大阪快勝!211日ぶり首位

【G大阪5―2磐田】G大阪が、今季チーム最多の5得点を挙げ、昨年9月23日以来、211日ぶりに首位に立った。3―0で前半を折り返しながら、磐田・村井に2得点されて迎えた後半35分、MF橋本の今季初ゴールで突き放すと、6分後にMF二川がダメ押しの5点目を押し込んだ。
 攻撃力を看板にするチームの5得点に、西野監督は「最高の前半だと思う」と喜んだ。開幕4連勝後、川崎Fと引き分け、新潟に初黒星。4月の公式戦5試合目で初めてFWが決めた前半のバレーの2得点は、チームに漂っていた嫌な空気を吹き飛ばした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070423-00000011-spn-spo
*******************************************************
さすがに西野監督が率いるだけのことはありますね。やっぱり首位に立ちましたか。
サッカーは監督の手腕がすごく勝敗に影響すると思うのですが、私が最も評価する西野監督のガンバ大阪が首位なのは納得のいく結果でしょう。
posted by oosaka2008 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

G大阪執念ドロー!ホーム18戦不敗/J1

<J1:G大阪2−2川崎F>◇第5節◇7日◇万博
 G大阪が執念ドローでホーム不敗神話を守った。川崎F戦の前半38分、MF明神智和(29)が同点ゴールを決めると、再び1点を追う後半38分にDF山口智(28)が同点弾。開幕5連勝こそ逃したが、この日が52歳の誕生日だった西野朗監督に執念の勝ち点1を贈った。2位を死守し、昨年3月から続くリーグ戦ホーム連続不敗のクラブ記録を18試合に伸ばした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000115-nks-spo
********************************************************
さすが西野監督が率いるだけのことはありますね。
posted by oosaka2008 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

<J1>ガ大阪、逆転で開幕4連勝 甲府は前半先制も4連敗

○ガ大阪2―1甲府● ガ大阪が逆転で開幕4連勝。後半28分、バレーの折り返しを播戸が押し込んで追いつき、38分には播戸の低いクロスをマグノアウベスが左足で合わせ決勝点を挙げた。甲府は前半37分、アルベルトの今季チーム初得点で先制したが、後半はDFを崩され4連敗。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000058-mai-spo
********************************************************
やっぱり西野監督が率いるチームは強いですね。それに比べて○野監督のチームは・・・。
サッカーは監督の力量がかなり影響するようです。オシム監督に何かあったときには、西野監督が日本代表監督をしてほしいものです。
posted by oosaka2008 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

G大阪が開幕連勝、家長アシスト/J1

<J1:G大阪1−0鹿島>◇第2節◇11日◇カシマ
 G大阪のU−22日本代表MF家長昭博(20)が、チームを5年ぶりの開幕連勝に導いた。1−0で勝ったアウエー鹿島戦で後半開始から出場。同21分にドリブルからFWマグノ・アウベスにラストパスを送り、鬼門カシマスタジアムで7年ぶりの白星をもたらした。開幕・大宮戦に続く決勝点演出にも「攻撃は自由にやれと言われていた。あれ(得点場面)はマグノのシュートがうまかった」と謙虚に話した。
********************************************************
ガンバ大阪は今年も強いですね。やはり西野監督の采配が優れているからでしょう。サッカーは監督次第といえるのかもしれません。良い監督と駄目な監督がはっきりしているのにもかかわらず、駄目な監督が某チームを率いているのが・・・
posted by oosaka2008 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

G大阪・西野監督初のリーグ150勝…J1第1節

◆J1第1節 G大阪1−0大宮(3日、万博) 執念のタクトが、メモリアル白星をたぐり寄せた。前人未到の150勝。西野監督は大きく息をついた。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20070304&a=20070304-00000103-sph-socc
******************************************************
もう名監督と言う感じですね。どのチームを率いても好成績を挙げることができるのですから。サッカーは監督の采配が選手個人のプレーよりも重要ということなのでしょう。
将来の日本代表監督を目指してさらに勝利を積み上げて言って欲しいものです。
posted by oosaka2008 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

G大阪が圧勝=マグノ3得点、浦和に雪辱−ゼロックス杯サッカー

サッカーのゼロックス・スーパーカップは24日、東京・国立競技場で行われ、昨季の天皇杯準優勝のG大阪がJリーグと天皇杯2冠で同カップ連覇を狙った浦和に4−0で圧勝して初優勝、賞金3000万円を獲得した。
 2年連続同じ顔合わせとなった一戦は、G大阪が序盤から攻勢を仕掛け、前半31分にマグノアウベスのゴールで先制し、42分には二川が加点。マグノアウベスは後半にも2点を奪い、ハットトリックを達成した。
 G大阪が浦和に勝ったのは2005年11月のリーグ戦以来。浦和は11年ぶりに復帰したオジェック新監督の公式戦初戦を飾れなかった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000068-jij-spo
*******************************************************
ガンバ大阪ゼロックス・スーパーカップ優勝おめでとう!!!
マグノアウベスがハットトリックと素晴らしい活躍でいうことなしの試合でした。この分だとガンバ大阪は今年も大活躍しそうですね。それに反してオジェック監督はちょっと出足につまづいた感じで前途多難ということになりそうです。
posted by oosaka2008 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打倒浦和へ切り札!平井を抜てき

和製アンリが、打倒浦和の切り札となる。G大阪、宮崎キャンプの得点王FW平井将生(19)が、18人の遠征メンバーに選出された。プロ2年目、これまで公式戦の出場は昨年の天皇杯・広島戦の1試合のみだが、その充実ぶりに西野監督が抜てきを決めた。
 キャンプ中の練習試合では5試合で6得点をマーク。「スピードがあるし、リズムを変えるいいアクセントになる。本人は“スーパーサブ”って言ってるみたいだけど、スタート(先発)を狙ってほしい」と西野監督の期待も絶大だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000004-dal-socc
******************************************************
へえ 生きの良い選手が出てきたようです。和製アンリとはなかなか頼もしい限りです。平井選手は要注目ですね。
posted by oosaka2008 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。