2008年09月23日

今季初の藤川8回投入!石川プロ初先発初勝利!…阪神

◆阪神3−2横浜(22日・甲子園) 熱き心に岡田監督は胸を打たれ、背中を押された。1点リードの8回。3番・内川から始まる横浜の攻撃を前に、「藤川」の名を杉永球審に告げた。巨人と一騎打ちのデッドヒートで、落とせない横浜4連戦の初戦。今季、守護神の8回頭からの投入は初だった。「打順とか(巨人戦)3試合に投げてなかったのもあった。行けますという電話もあった」と指揮官が打ち明けた。

 藤川は8回、1死から村田に中前安打を浴びたが、続く吉村、佐伯をきっちり断った。9回のマウンドに備えるため、8回裏にキャッチボールへ向かう際、さらに自身を精神的に追い込んだ。「ヒーローにしてやるからな」とプロ初勝利を待ちわびていた先発・石川の耳元でささやいた。

 ラストイニングは2死から二ゴロ失策をきっかけに一、二塁とされたが、最後は斉藤俊を二飛に打ち取り、新人右腕との約束を果たした。魂を込めた2回、30球。優勝への強い気持ちがここに凝縮されていた。

 ブルペンとベンチとの会話を、藤川はこう振り返った。「自分が出られないと無力さを感じる。だから(守護神の)ポジションはいらない。必要とされるならどこでも」中西投手コーチを通じ伝えてもらった。3連敗で巨人に並ばれた今、9回限定の肩書やセーブなど無用だった。

 対横浜戦の連敗も6で止めた。「どんな形でも勝って流れを変えないといけなかった」と指揮官。球児は「こんなに楽しいことはない。あと十数試合に、シーズンのすべてが凝縮されている」と笑った。絶望のふちで輝いた絆(きずな)を頼りに突き進む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000047-sph-base
************************************************************
さすがに阪神も意地を見せてくれましたね。このまま巨人に首位を取らせるわけにはいきませんよね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:45| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。