2008年07月31日

岡田監督 五輪期間中「何とかなるよ」

阪神・岡田彰布監督(50)は30日、後半戦から新井、矢野、藤川の3選手が北京五輪出場で抜けるものの「何とかなると思う」とその穴埋めに自信を見せた。
 投打の主力を北京へと送り出す。3人の名前を見ればその穴の大きさはそう簡単に埋め切れるものではないとも思える。
 だが「いてるもんでやるしかない。新井、矢野、球児なしで試合したこともあるしな。8月は連戦も少ないし後ろの投手も楽になる。何とかなる言うたらアカンけど、何とかなると思うよ」と余裕の表情すら浮かべた。
 捕手はベテランの野口を中心に若い狩野、緊急時には外野から浅井を回す。『3番・一塁』については既に新井が腰痛で一時リタイアしたこともあってテスト済み。一塁には葛城、高橋光を相手投手の左右で併用する。3番については鳥谷、関本を当てはめた。4番・金本を除いて、相手投手や調子によって柔軟に対応していく構えだ。
 そして藤川に代わる守護神には「順番は分からんけど代わりのメンバーはいてるからな。あとは相性とか見てな」と話した。久保田、ウィリアムスと抑えの経験がある2人に加えて、156キロ右腕のリーソップでトリプルストッパーを形成。渡辺、江草もフル回転で勝利へと導く考えだ。
 前半戦を終えて「みんなの力でここまできて、みんな(優勝の)チャンスと思ってる。チャンス逃さないように頑張りたい」と指揮官。3人の穴も“みんなの力”で乗り切るつもりだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000019-dal-base
************************************************************
オリンピック期間中の成績は一体どうなるのでしょうね。選手を出していない広島とかオリックスが有利になるのでしょうか?
阪神も失速する?


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:22| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

高橋光V弾!虎60勝ターン

◆ヤクルト3−4阪神=8回降雨コールド=(29日、神宮) スタンドインの確信があった。だが、高橋光は懸命に足を進めた。決勝点となる一発になったことを確認すると、スローダウンしてダイヤモンドを一周。「気持ちです」と、お決まりとなったフレーズをはき出した。

 腰痛に苦しむ新井が、前日(28日)に続いてスタメンから外れた。25日の中日戦(甲子園)で戦列に復帰後では、初めて出番なしに終わった。だが、北京五輪出場のため、この試合を最後にチームから離れるFA砲は「勝ててよかった? そうですね」と満足そう。降雨コールドゲームで前半戦最終戦に勝ち、ヤクルトとの対戦成績も8勝8敗に戻し、2003年以来の7月中の60勝達成。優勝マジックを41にした岡田監督も、「(高橋)ミツが最後にいい仕事をした。よう勝ったもんや」とほめちぎった。

 球宴明けの8月3日の横浜戦(横浜)からは、新井に藤川、矢野のいない布陣で戦う。「与えられたところで、少しでもチームに貢献したい。それしかないです」と高橋光。日々、ヒーローが入れ替わる今の阪神なら、不安などない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000272-sph-base
************************************************************
60勝ターンということは最終的に100勝だって夢ではないかもしれませんね。


兵庫県ホテル宿泊施設ガイド
http://hyougoken.ohaguro.com/
posted by oosaka2008 at 17:48| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

異常現象「JK」6敗中4敗がヤクルト…阪神

◆ヤクルト4−3阪神(28日・神宮) 決勝点のシーンが、阪神の対ヤクルトの相性の悪さを象徴していた。6回1死一、三塁で田中の弾んだゴロに久保田はジャンプ。捕球すれば三塁走者の生還は阻止できた。だが、ボールはグラブに収まらず、二ゴロとなる間に1点を失った。この回、先頭の宮本のゴロを三塁・バルディリスがエラー。久保田は1死二塁から畠山に単打を打たれたが、結局、自責点ゼロで敗戦投手となった。岡田監督は「競った展開でのエラーやからな」とかばったが、久保田は「それをカバーする投球をしないといけない。それが中継ぎです」と、自分を責めた。

 ヤクルトにまた敗れ、7勝8敗とセ・リーグで唯一、黒星が先行した。しかも、そのうち、久保田、ウィリアムスが2敗ずつ。「JK」の計6敗中4敗がヤクルト相手というのは、明らかに異常な現象だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000058-sph-base
************************************************************
ヤクルトに負け越しているとはびっくりですね。しかも久保田とウイリアムが相性が悪いとは不思議です。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 19:07| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

リーソップ156キロ!衝撃剛腕デビュー

「阪神4-6中日」(27日、甲子園)
 虎の新助っ投が衝撃のデビューを飾った。阪神のクリス・リーソップ投手(25)が、八回に登板して1回を三者凡退で斬った。全8球ストレート、MAX156キロの剛球にどよめきが起こった。岡田阪神は夏のロードに入り次回の甲子園での試合は8月26日(中日戦)。Vロードに楽しみな顔が加わった。
  ◇  ◇
 うわさ通りだった。ナスティー(えげつない)なボールが、うなりを上げて矢野のミットにめり込んでいった。音で表現するならズドンッ。いかにも重量感のある球質が、見ているだけでわかった。リーソップが甲子園で衝撃のデビュー。試運転なしのオール直球での剛球ショーに、虎党も引き込まれた。
 2点ビハインドの八回だった。リリーフカーに乗った見慣れない男に注目が集まった。両方の袖からゴツい腕を出した背番号69。負けている展開でも場内が盛り上がらないわけはない。MAX158キロ右腕の触れ込みは本当か。一体、どれほどの投手なのか。そんな期待が高まる中、新助っ人は持てる力をこともなげに披露してみせた。
 最初に対戦した打者は藤井だった。初球はいきなり153キロ、直球でストライク。そこから2-2に追い込むと5球目は、この日最速の156キロで空振り三振に仕留めた。続く小池を154キロで右飛、谷繁は154キロで二ゴロに退けた。投じた8球すべてが150キロ超え。三者凡退の結果に「何も驚くことはないよ」と平然と言い放った。
 日本のマウンド、ボール、甲子園の環境など不慣れなことは当然、多いに決まっている。だが「何も問題ない。制球とアウトを取ることを考えた。マウンドに上がるとキャッチャーのミットしか見ていないから、大観衆も気にならなかった」と頼もしい返答。とはいえ満点のデビューに「1カ月ほどマウンドで投げてなかったし、気持ちよかった」とリラックスした笑顔もみせた。
 文句のない初舞台に、岡田監督の表情もほころんだ。球宴後には北京五輪で藤川がチームから離れるが、代役の新助っ人への期待も高まる。「ナベ(渡辺)とリーソップが8月に頑張らなあかん。8月の戦力として計算してるよ。1人大きな穴があくんやから」。言葉の端々から手応えが垣間見えた。
 風ぼうも投球スタイルもいかついが、実はまじめできちょうめんな性格も持っている。契約に関する書類などを、きちんと整理して保管しているのを見た関係者は「こんな外国人選手は見たことがない」と驚いたほど。スタンドから「祈りながら見ていた」という美人のカーラ夫人にも、試合後に「ありがとう。愛してるよ」と優しい言葉を返す一面もみせた。
 米マイナーのチームメートだった元阪神・カーライルに来日前、アドバイスをもらった。「色んな話をしたが、日本に行くのが楽しみになる話ばかりだった」。夢を胸に海を越えた25歳の舶来右腕が、猛虎の一員になった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080728-00000020-dal-base
************************************************************
試合は負けたものの、このクリス・リーソップ投手は今後期待できそうですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:42| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

虎の3番復活!新井 いきなり全力プレー

「阪神2-0中日」(26日、甲子園)
 虎の3番が帰ってきた!腰痛でスタメンから外れていた新井貴浩内野手(31)が、10試合ぶりに「3番・一塁」で先発出場。六回には11日の広島戦以来、19打席ぶりとなる安打を中前へはじき返した。復帰を待ちわびていた甲子園の虎党も大歓声で祝福。優勝マジックは「43」となった。
  ◇  ◇
 快音が響いた。腕には、確かな感触が残った。大歓声が聞こえた。走りだすと、拍手に包まれていた。みんなが待っていた一打。帰ってきた10試合ぶりのスタメンで、新井が「ただいま」の一振りで応えた。
 「勝つことが、一番です。(積極的な走塁も)自分は、セーブしながら試合はできないんで。出る以上は、全力プレーです」
 ゆっくりと、クラブハウスにつながる階段を上った。熱気で赤く染めた顔に復帰の余韻を漂わせたが、自身の安打に対して笑顔はない。まだ、これから。それでも、大きく踏み出した一歩だ。
 六回、二死無走者の場面。2-2からの6球目、真ん中に入ってきた123キロスライダー。逃すことなくはじき返すと、打球はライナーで中堅へ。鮮やかな中前打は19打席ぶり、15日ぶりのヒット。続く金本も19打席ぶりに安打を記録したのは、この2人ならではの“縁”だろう。得点にはつながらなかったが、甲子園は熱く沸き上がった。
 前日、代打で10日ぶりの打席に立ち、久々に黒土の感触を確かめた。この日は、試合前練習にも姿を見せた。屋外で練習を行ったのは、10日の巨人戦以来のこと。熱い日差しを受け、芝生のにおいをかぎ、気持ちが高まった。15日のヤクルト戦以来のスタメン出場。練習を終え、引き揚げる時に、新井らしく、闘志を言葉にしていた。
 「今できることを、しっかりやるだけです。自分のできる範囲のことを、精一杯やるだけです」
 左第4第5腰椎椎間関節炎を抱えながらも、試合に出れば全力で戦う。8月には日本の4番を任される男の意地。打って、守って、走る。六回には金本の二塁打の際に、迷わず足を回転させて三進した。
 「最初から、出すなら最後までと思ってました。今日1試合出て、状態見てやけど、あと3試合もそういうふうにいくよ。1本出たし、いい形でいってほしい」と岡田監督。スタメンで使うと、きっちり白星に絡んできたところに強さを見た。
 四回二死から放った打球が森野の失策を誘い、続く金本の打席の際の暴投ですかさず二塁へ。「(走塁は)普通にね」。結果的に、関本の決勝打につながった出塁。「偶然」の裏に潜むのは、新井の執念。マジックは一つ減って「43」。日本の夢をも背負う男の復帰の一夜、虎党の夢も一歩近づいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080727-00000020-dal-base
************************************************************
やっぱり新井選手がいると勢いが違いますね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 20:14| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

関本「覚えてない」プロ初満弾で虎M44

<阪神7−1中日>◇25日◇甲子園
 バント男が満塁本塁打で試合を決めた。阪神の関本賢太郎内野手(29)が2点リードの中日戦5回2死満塁で、左翼ポール際に初の満塁アーチを放った。1回には中前打で2点目をたたき出した。4番金本が16打席無安打と苦しむが、地味なつなぎ役の男が4打数3安打5打点と爆発してフォローした。先発安藤優也投手(30)も06年9月以来の完投勝利と投打の歯車がかみ合って中日に7−1と快勝し、優勝マジックを44とした。
 5回裏の「どよめき」は、今年の阪神の試合の中でも一番大きかった。主役は関本だ。2死満塁、2球で追い込まれてから粘りに粘った。フルカウントからの9球目。内角高めの146キロの直球だった。「どうやって打ったのか覚えていない」。内角球にも体は開かず、無心でバットを振った。舞い上がった打球は浜風に乗り、左翼ポール際に落ちた。生涯初のグランドスラムで中日のエース川上をノックアウト。試合の行方を決めた。チームは今季、甲子園では負けなしの6連勝で、76年以来、32年ぶりの連勝記録になった。
 殊勲の関本だが、開幕は平野に二塁のポジションを譲ってベンチスタート。今岡の打撃不振により、与えられた役割は8番三塁。平野が負傷すると、次は2番に。そして新井が腰痛で欠場し、クリーンアップに。便利屋のように使われてきたが、こだわらなかった。
 2番打者は逆方向への進塁打が求められるケースが多いが「その考えは古い。投手が右に打たせないように、内に投げてきたら、左に打てばいい。ヒットを打つのが、一番いいんだから」。引っ張ってヒットも打っても、つなぎの役割を果たしたことになる。そのために、いかに内角球を打つか。努力の結果が表れた。初回に1点を先制し、なおも2死三塁からのタイムリーも内角球を絶妙のさばきで中前に運んだ。8回も内角を左翼線を破る二塁打。特に5回裏の場面は金本が歩かされた後だけに価値がある。新井が腰痛、金本が不振という苦しい状況で5番定着は大きい。
 今季6度目でお立ち台では「自分の出したゴミは自分で持って帰るようにお願いします!」とファンに訴えた。ある日のデーゲームの試合前。客席で清掃活動に励む人々の姿が目に入ったという。「少しでも助けられたらと思った。電気代も浮いたら、温暖化対策にもなる。ホンマ、ホンマの話ですよ」。CO2削減に協力しつつ、マジックは「44」に減った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080726-00000027-nks-base
************************************************************
金本が不振でもやっぱり阪神は強いですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:43| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

球宴にも出る!阪神・新井、復帰へ強い意欲

戦線復帰へ、スタンバイOK−。腰痛で離脱中の阪神・新井貴浩内野手(31)が24日、甲子園の室内練習場でトレーニング。前日23日に再開した打撃練習は行わなかったが、ランニング中心のメニューで汗を流した。

 「一番悪かった時に比べたら、日に日によくなっていると思います。ただ、練習と試合は負荷のかかり方が違うんで。腰の違和感? ゼロではないです」

 慎重に話した練習後だが、表情は明るい。岡田監督は、25日の中日戦(甲子園)からの復帰を示唆。「それはわかりません。その日、その日の状態なんで。練習して、(朝)起きて、そういう状況なんで。監督、スタッフと話しながらになる」。言葉を選びながら、復帰へ向けた強い意欲をのぞかせた。当日の状態をみて、25日の中日戦(甲子園)から代打で再スタートをきる。

 「五輪も大事だし、球宴も大事だし、ペナントも大事。そこに優先順位はないです。3つとも、同じくらい大切ですから。自分の気持ちは、1日でも早くペナントに戻って、一緒に戦うと言うことです」。五輪はもちろん、球宴にも出る。そのために、25日戦いの場に戻る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080725-00000011-sanspo-spo
************************************************************
オリンピック前に休養できたことは、日本代表チームにとっては結構良かったことになるかもしれませんね。阪神は独走しているわけでしばらく追いつけるチームはないだけに、新井選手にはオリンピックに向けて準備万端にしてほしいものです。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 14:16| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

金本が打てず…負けても前進M45

「阪神0-5巨人」(23日、甲子園)
 阪神・金本知憲外野手(40)が打てず、完封負け。巨人3連戦は無安打で、この9連戦でもわずか3安打に終わった。それでも中日が敗れ、優勝マジックは1つ減って「45」に。腰痛で欠場中の新井貴浩内野手(31)が、25日の中日戦で復帰する可能性が出てきたことも明るい材料だ。
  ◇  ◇
 不甲斐(ふがい)なさに怒りがこみ上げた。気が付けば、金本にしては珍しくヘルメットを地面にたたきつけていた。八回二死二塁。上原の甘いフォークを打ち損じて左飛に倒れた場面だ。
 伏線は二回にあった。
 「(当たりは)完ぺきよ。この球場はなあ…」
 またも浜風に阻まれた。二回先頭、カウント1-2からとらえた打球は、だれもが“いった!”と思う完ぺきな当たりだった。ところが、これを右翼から左翼へ強烈に流れる浜風が押し戻して平凡な右飛に。あきれたような顔で首を何度も振る背番号6の姿があった。
 岡田監督でさえ「風やろう。“ドームやったら看板ちゃうか”言うてたけどな」とあきれるほどの“強風”だった。
 その後の打席も安打は出なかった。これで巨人3連戦は12打数ノーヒット。主砲の不調に指揮官も「ちょっとなあ」と言葉をなくした。
 過酷を極めた9連戦。その間、34打数3安打、打率・088の2打点と“らしさ”は影を潜めた。その一因に開幕からクリーンアップを共に支えてきた新井の離脱があることは否定できない。15日・ヤクルト戦を最後に戦列を離れた“弟”。セ界最強を誇ったコンビの片方が抜ければ、相手投手のマークは1人に集中する。3番に力を分散することなく、全力で4番封じにかかってきた。
 もちろん、そんなことを言い訳にする鉄人ではない。だが、知らず知らずにその両肩には、大きな負担がのし掛かっていた。試合前には「アライさんの腰痛がうつったわ」と得意のジョークで周囲を笑いに包んだが、試合後の表情は疲労がみてとれた。
 3番が抜け4番が不調の中、この9連戦は4勝5敗。岡田監督は「なんとか乗り切ったかな。新井がいない中で得点力が落ちるのはしゃあない。なんとか五分くらいでこれた」と及第点を与えた。敗戦の中にあってもマジックは1つ減った。
 将が「球宴まであと5つやから。なんとかみんなでがんばるしかない」と言えば、4番も「切り替える?そうそう。そういうこと」と言った。球宴ブレークまであと5試合、総力戦で正念場を乗り越える。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000019-dal-base
************************************************************
負けてもマジックが減るとはびっくりですね。新井選手がいない中で厳しい戦いが続きますね。その分金本選手にも負担がかかっているのでしょうが、ここは踏ん張って乗り越えて欲しいものです。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 15:06| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

阪神がマジック点灯に足踏み

<阪神1−3巨人>◇21日◇甲子園
 阪神が「マジック」で金縛りにあった。2点を追う8回2死一、二塁、6番葛城育郎外野手(30)は三振に倒れた。最終回は巨人クルーンの前に3者三振。優勝へのマジック点灯がかかった試合は、これで3連敗。思わぬところで足踏みを続けている。
 この日は相手投手の「マジック」にもやられた。巨人木佐貫を攻略できず、6回まで4安打で無得点。岡田監督はしきりに首をかしげた。「ボールが来てないというか、調子は悪かったと思う。おかしな球が多かった。フォークもシュート回転して、抜けてくる。甘い球はあったが、それを打てんかった」。ベンチに戻ってくる打者は一様に首をひねっていたという。
 今季は木佐貫に3試合で2敗。速球とフォークにやられたが、そのイメージと違った。4打席凡退した金本も同じ感想だ。「つかみどころがなかった。スライダーが曲がったり、曲がらなかったり。フォークも落ちたり、落ちんかったり」。本調子でなかったことが、皮肉にも打者の思惑を乱した。
 2位巨人とはまだ10・5ゲーム差ある。22日、勝てばマジックが点灯する状況も変わらない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000031-nks-base
************************************************************
相手投手の出来が良いとさすがに勝てませんね。新井選手がいなくなってから勢いがなくなってしまったようです。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 17:32| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

虎またM転倒!岩瀬打ち9回4得点も1点届かず

◆中日7−6阪神(20日・ナゴヤドーム) 阪神は、5点ビハインドの9回に中田、岩瀬を火だるまにし、1点差まで詰め寄る粘りを発揮したが、2死満塁からフォードが三ゴロ。デーゲームで巨人が敗れていたため、勝てば優勝マジック46が点灯するところだったが、フイになった。

 大敗ムードの一戦を紙一重の惜敗に変えた。しかし、岡田監督の顔は怒りに満ちていた。「最後は惜しかったとかじゃない。あそこで(打って)決められるくらいならファームには落ちんよ」と舌ぽう鋭く、フォードをやり玉に挙げた。対中日戦の連勝も6で止まったが、指揮官が責めたのはこの打席ではなかった。

 「4回の(カウント)1−2からの1球で終わりよ。ボール球振って負けよ。そんなもんよ」4回に5点ビハインドから反撃を開始し、2点を返してなおも1死一、三塁。吉見のKOで緊急登板した中田は制球に苦しんでいたが、打者有利の1−2から、明らかにボール球だった外角低めのスライダーを空振り。最後も見逃せばボールだった低めのフォークに手を出し、空振り三振で好機をつぶした。

 打ちたい一心で、つなぎの意識など皆無。これが許せなかった。独りよがりのワンマンプレーに怒りの痛撃を食らわすことで、Vへひた走るチームをもう一度引き締めた。21日からは甲子園に戻っての伝統のTG3連戦。唯一、自力Vの可能性を残す原巨人を直接たたけば、待望の優勝マジックがともる。終盤の神がかり的な追い上げを見せた猛虎が、今度こそ決めにいく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080721-00000106-sph-base
************************************************************
もう少しで追い付くところでしたが、日本の守護神岩瀬が相手では追い詰めるのが精一杯でしたね。まあたまには勝てないこともあるということで。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:02| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

虎CSマジック50再点灯!球児、長男の前でピシャリ!

 ◆阪神2−0ヤクルト(16日、甲子園) 甲子園が「ピッチャー、藤川」のコールに揺れた。1−0の8回2死満塁。今季初めて8回のイニング途中に球児が登板した。相手は4番・畠山。「緊張しました。(抑えるのは)無理かなと思った」というが、2年前まではピンチで登板する中継ぎ。それを思い出した。「やるしかない状態。思い切り腕を振るという原点に戻った」直球で追い込み、フォークで三振。危機を脱した。

 9回も3者凡退に抑えて29セーブ目を挙げた。「タイムリーが出ない状況で、投手がよく踏ん張った」と岡田監督。新井が腰痛で欠場し、攻撃力が低下。適時打がゼロでも、今季6度目の無失点勝利で、CSマジック「50」を再び点灯させた。

 藤川には心残りがあった。8回2死一、三塁での今季初打席で三振した。「子供にいいところを見せたかったのに」長男の温人くん(7)は中日・ウッズのファン。昨年9月14日の甲子園。全11球の直球勝負の末、ウッズに適時打を浴びた。「あれ以来、パパはダメってウッズを応援するんです」と苦笑い。またとないチャンスに、バットでいいところを見せたかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080717-00000106-sph-base
************************************************************
藤川が出てくればもう勝負あったという感じですね。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/i.html
posted by oosaka2008 at 13:10| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

新井腰痛重症…16日にもスタメン落ち

「阪神0-6ヤクルト」(15日、倉敷)
 阪神・新井貴浩内野手(31)が16日のヤクルト戦(甲子園)で、移籍後初めてスタメンを外れる可能性が出てきた。腰痛はさらに深刻な状態で、この日のヤクルト戦でも4打数無安打。チームも完封負けを喫した。巨人がデーゲームで中日に敗れた時点で点灯した阪神の優勝マジック「52」は、わずか4時間31分で消滅。次の最短点灯は18日となった。
  ◇  ◇
 うつむきながらバットを引きずるようにベンチへと戻った。新井の姿は痛々しかった。
 八回一死満塁。この試合、唯一といっていいチャンスが腰痛に苦しむ3番打者に回ってきた。しかし、川島亮のフォークの前に空振り三振。歯を食いしばりフルスイングしたが、無情にもバットは空を切った。顔面を覆う脂汗。限界だった。
 試合後、岡田監督の歯切れも悪かった。
 「きょうまで様子見ようと思ったけどあんまりにも悪い。なかなかバット振れんもんなあ。五輪なかったら休ませてもいいけど…。これ以上悪くなったら。五輪までこんな状態やったらなあ」
 言葉として発することはなかったが、その胸の内に『スタメン落ち』の思いを秘めていることをにおわせた。
 それを裏付けるように、試合中にはフルイニング出場の継続について本人の意向を問いただしていた。
 「本人は“フルイニングは別に”と試合中に言うてたからな」
 交流戦中に発症した腰痛は快方に向かうことなく、日に日に悪化の一途(いっと)をたどった。試合前も満足に練習できない日々。「一生懸命しか僕にはない」という男が全力でプレーできない苦悩…。精神力だけで突き進むのは限界だった。全身を締め付けるような痛みは新井本来の動きを奪った。
 ここ5試合で20打数1安打、打率・050。チームの快進撃を支えてきたかつての姿はない。あえて厳しい言い方をするなら、今は打線の中で“ブレーキ”になっているのが現実だ。
 北京五輪で金メダルを目指す星野ジャパンでは『4番一塁』を期待されている。「けが人は連れていかん」とする闘将の方針があるだけに、17日に予定されている代表発表までは休ませるわけにもいかない。ただし、これ以上悪化すれば、五輪どころかシーズンそのものを棒に振る可能性さえも否定できない。
 開幕から80試合、試合開始から終了まで当たり前のようにこなしてきた『3番一塁』の座を、あきらめねばならない時期にきたのかもしれない。代打でのひと振りか、それとも欠場し、休養に充てるのか。究極は登録抹消で治療に専念。いずれにせよ阪神移籍後、最大のピンチが新井を襲っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000022-dal-base
************************************************************
阪神は首位を独走しているのですから、新井選手はじっくりと休養してほしいですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 13:53| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

新井、腰痛深刻…それでも「試合出る」

交流戦期間中に腰痛を発症した阪神・新井貴浩内野手(31)の患部の状態が軽度ではないことが14日、明らかになった。岡田彰布監督(50)が「すぐにはようならん」と話すなど、先行きが見えない状況。3年ぶり優勝へ向けてマジック点灯目前のチーム、そして北京五輪で金メダルを狙う星野ジャパンに欠かせない不動のピースに、思いがけないピンチが訪れた。
  ◇  ◇
 決して楽観できない状況であることは確かだ。ここまで79試合。全試合にフルイニング出場し、チームの独走に多大な貢献を果たしてきた新井が、腰の痛みと闘っている。
 スイングした直後に見せる苦もんの表情。一塁まで腰をかばいながら走る姿は、試合を重ねるごとに顕著になってきた。交流戦中に発症した腰の張り。試合出場を続けながら快方を待ったが、ここにきて患部が悪化した可能性がある。
 岡田監督はこの日、新井の状態を聞かれ「すぐにはようならんよ。しょうがない」と軽度ではないことを示唆した。新井は前カードの広島3連戦で連日、打撃練習を回避して試合に臨んだ。針治療を施すなど回復への道を探ったが、痛みの根源は浅くなさそうだ。広島戦は12打数1安打と低迷し、10度の打席で打球が右方向へ飛んだ。スイングが患部に及ぼす影響も大きく、フルスイングが難しい状況でもある。
 それでも新井に全幅の信頼を置く指揮官は「スタメンは外れんよ。去年もフルで出とるんやろ。よっぽど悪いんやったらな」と、状態が“最悪”でない限り「3番不動」を貫く姿勢に変わりはない。
 この日は静養に努め、夕方、単独岡山入りした新井。岡田監督の話を伝え聞くと「そう言ってもらえて、ありがたい」と感謝の言葉を口にした。15日からヤクルト-中日-巨人と過酷な9連戦がスタートするが「あした?試合、出ますよ」と不屈の精神で責務を果たす考えを示した。
 新井は全国民の期待も背負っている。北京五輪日本代表の星野仙一監督はこれまでに日本代表チームの構成について「1人、アホみたいに元気なのがおる」「(新井が)ケガしたら大変や。一塁は難しいポジション。代わりは誰がおる?」と唯一新井をレギュラーに内定させる発言をしている。新井の腰痛がさらに深刻化すれば、星野監督の構想も揺らぎかねない“日本の一大事”となる。
 走攻守すべてでチームに活気を与えてきた新井。その積み重ねた100安打、58打点の重みは計り知れない。3年ぶりの優勝へ代役のいない攻撃の柱だ。
 「(新井は)いろんなこと(治療)やっとるから、あした見たらピンピンしとるかもしらんけどな」。今は、岡田監督も願う奇跡的な回復を祈るばかりだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000023-dal-base
************************************************************
絶好調の阪神に暗雲という感じですね。それよりも星野ジャパンとしては新井選手が怪我で出られなくなったら大変ですね。


大阪府ホテル宿泊施設ガイド
http://www.orute.net/
posted by oosaka2008 at 12:56| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

金本が勝利呼ぶ激走!岡田さい配ズバリ

「阪神5-2広島」(13日、甲子園)
 阪神・岡田彰布監督(50)の好さい配が、勝利を呼んだ。八回一死一塁で一塁走者・金本に出したサインは二盗。今季初盗塁で応えたアニキの激走でチャンスを拡大すると、最後は代打葛城が決めた。前夜の完封負けの屈辱を晴らす会心の勝利。早ければ15日にも優勝マジックが点灯する。
  ◇  ◇
 これぞ野球天才、岡田彰布の超絶タクトや!
 金本が走った。「ウォォ!」。どよめく観客の視線の先には、二塁へ滑り込む背番号6がいた。昨年7月27日・横浜戦(甲子園)以来となる今季初盗塁。左ヒザ手術明けとは思えない激走だ。虎ファンはもちろん三塁ベンチも予測不可能の岡田さい配がそこにあった。
 同点で迎えた八回、一死。カウント0-3になった時点で指揮官の頭はフル回転していた。フルカウントから四球。打席に向かう5番関本に、広沢打撃コーチが作戦の確認を行う。ヒソヒソと告げられたその内容に関本もしびれた。セ・リーグトップの犠打数を誇る犠打王。バントの構えでシュルツの投球を待った。だれもがバントと思ったその初球、アニキが二盗を決めた。
 会心のさい配で流れを引き寄せると、さらに動く。すぐさまベンチを飛び出し、関本に代えて代打桧山をコール。桧山が倒れ、鳥谷が歩かされると今度は葛城を代打に指名した。これが見事に成功、決勝三塁打で勝負を決めた。
 「最初から(サインは)盗塁でした。金本も走れるということでしたから。(シュルツは投球に)1・3秒くらいかかってましたから。(金本のカウントが)0-3になったときからスチールいうてました。葛城がよく決めてくれました」
試合前「走れます」 会心のさい配を、早口で振り返った。
 優勝マジック点灯間近。セ界を独走するチームの将は、あるときこんなことをつぶやいた。
 「七回くらいで同点とか、1、2点で負けてるとかそういう試合が一番おもしろいわ。どうやって点取ったろうか思うからな」
 自らがつくり上げたチームに絶対の自信を持つ。あとは持てる力を発揮させるだけ。苦しんでいるときには、あふれ出るアイデアで勝利への道筋をつくってやればいい。だからこそ、劣勢で追い込まれた状況があればワクワクする。
 もちろん、指揮官のさい配についてこられる選手たちがいるからこそだ。金本もその1人。盗塁について問われると「ヒミツ、ヒミツ。年取りました。明らかにスピード落ちました。ガハハハ」と笑い飛ばした。
 手術の影響を考慮し、盗塁は自粛してきたが、12日の試合から「走れます」と首脳陣に伝えていた。主砲の勇気と指揮官のひらめきが生んだ究極の作戦。驚きと感動。あまりに魅力的な岡田野球に、甲子園が酔いしれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000021-dal-base
************************************************************
阪神ファンにとっては毎日が楽しくて仕方がないでしょうね。これだけ勝ち捲くると文句はありません。



大阪市東成区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/n.html
posted by oosaka2008 at 13:04| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

虎沈黙、完封負けで優勝マジック点灯せず

<阪神0−1広島>◇12日◇甲子園
 阪神が優勝マジック点灯に失敗した。広島に勝つだけでよかったが、初先発のコズロースキーと救援陣に猛虎打線が3安打に抑えられて今季4度目の完封負け。岡田監督は「コズロースキーのストレートに押されていた感じやな。あと(3番手)上野いうのに合わなかったな。何を投げているのか分からないという感じでスイングさせてもらえなかったな」と悔しがった。
 11日はサヨナラ勝ちしたものの、何とか延長戦に持ち込んでの投手戦だった。2ケタ安打を10試合続けていた「ケタ違い打線」が広島との2試合では12安打、2得点と急停止した。岡田監督は「昨日もそうだったけど(相手投手が)いいよな。球が絞れないというか。抑え込まれる感じはないけど、何か打たされるみたいや」と言った。
 腰痛のため2日連続で試合前のフリー打撃を回避した3番新井が、5打数1安打だった11日に続き4打数無安打とバットが湿りぎみ。1点を追う6回。2死一、二塁の同点のチャンスで梅津から放った当たりは鋭く一、二塁間に転がった。「抜けると思ったんだけどね」。だが打球は一塁栗原に好捕され、判定は間一髪のアウト。数少ないチャンスを生かせず、無念の表情で土の上に立ちつくした。
 岡田監督は「状態はよくないよな。振れてないのは確かだな。チャンスの当たりがうまく捕られたものもあるけどな」と言うが、新井に対する信頼度は変わらない。
 この日の負けで、クライマックスシリーズ進出マジックは消滅してしまった。ただ今季は、クロスゲームのしのぎ合いで星を拾ってきた。13日の広島戦に勝ち、巨人が負け、中日が引き分けか負けならVマジック52が点灯する。今日こそ勝つ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080713-00000032-nks-base
************************************************************
さすがに毎回勝つというわけにはいかないわけで、たまには負けることもあるということでしょう。


大阪市ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/
posted by oosaka2008 at 14:54| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

阪神今季6度目サヨナラ勝ち12日M点灯も

<阪神2−1広島>◇11日◇甲子園
 12日にも優勝マジックが点灯する。首位を独走する阪神が、今季6度目のサヨナラ勝ちで広島に逆転勝ちした。1−1で迎えた延長11回、関本賢太郎内野手(29)が決勝の左前適時打を放った。7回からJFKを含む5投手を投入して無失点でしのぎ、総力戦をものにした。2ケタ安打は10試合でストップしたが、逆転の虎の勢いは止まらない。12日も広島に勝てば、早くも優勝マジックが出る。
 甲子園のど真ん中で仁王立ちした関本が両手を天に突き上げた。興奮したナインが次々と飛び込んできた。今季6度目のサヨナラ勝ち。「何とか決めたかった。必死に行きました」。もみくちゃにされながらヒーローは笑っていた。12日も広島に勝てば、優勝へのマジックが点灯する。3年ぶりの歓喜の瞬間が1歩ずつ近づいてくる。
 総力戦なら、どのチームにも負けない。あと1本が出ずに、11回裏を迎えた。矢野が右前打で出塁し、平野のセーフティーバントは相手投手の失策を誘った。途中出場の2人がチャンスをつくり、2死一、三塁で関本が打席に入った。「その前に、外野フライも打てない、しょぼいバッティングをしてしまった。2回もそういう場面が回ってきて。決めないといけない」。1死三塁のサヨナラ機で遊ゴロに倒れた悔しさが胸をよぎった。「(相手投手との)目線とタイミングをしっかり取れ」。そして4球目、岸本のスライダーを完ぺきにとらえた。「打った瞬間、落ちるのを確信した」。打球は左翼手の前で軽やかにはずんだ。
 投手陣も踏ん張った。先発ボーグルソンが降板すると、7回から渡辺ら5投手が無失点リレーでサヨナラ勝ちにつなげた。8回に2死一、二塁のピンチを背負いながらも切り抜けた久保田は「勝てたことが一番。いつも通り、ゼロを続けていくだけ」と話した。9回に登場した藤川は、持ち味の直球を減らした変化球主体の組み立てで2三振を奪ったが「きょうは何もないよ」とサラリと言った。
 10回を任されたウィリアムスは「チームのみんながナイスピッチングをしてくれた。チームの勝利が一番」と喜んだ。11回の1イニングを投げた江草に2勝目が転がり込んだが、誰もが勝利を信じて得点を与えることなくバトンをつないだ。
 今季4度目の連敗の危機を全員の力ではねのけた。岡田監督もチーム力を実感する。「きっちり守って、あとはしのぎ合いやから。(マジックは)大きな数字やし、全然関係ないけど、こういう苦しいゲームを取ったのはすごく大きい」。52勝のうち逆転勝ちは実に25度目。少しのことでは崩れない。就任5年目で、岡田阪神は頑丈になった。連続2ケタ安打は10試合と止まったが、猛虎の歩みは止まらない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080712-00000006-nks-base
************************************************************
JFKまで投入すれば勝つのは当然でしょう。それにしても今年の阪神の強さは本物ですね。


大阪市西淀川区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/k.html
posted by oosaka2008 at 10:52| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

今岡2安打!社長のゲキに大ハッスル

「ウエスタン、阪神1-4ソフトバンク」(9日、鳴尾浜)
 2軍で再調整を続ける阪神・今岡誠内野手(33)が、ウエスタン・ソフトバンク戦に4番・三塁でスタメン出場。視察に訪れた南信男球団社長(53)のゲキに応え、2安打の活躍を見せた。林威助外野手(30)の故障離脱、北京五輪野球への代表選手派遣が想定される中、今岡の復活にかかる期待は大きい。
  ◇  ◇
 今岡に、球団トップの熱いゲキが飛んだ。
 2軍戦の試合前、南球団社長が今岡に声をかけた。「出番が近いから頑張れよ、って言ったら『はい』と言うとったわ」。復活を期待する男の明るい表情に、南社長は確かな光を感じた。
 社長直々のゲキが効いたのか、今岡は試合で大ハッスル。二回の第1打席で左翼線を痛烈に破る二塁打を放つと、四回の第2打席でも右前にしぶとく運んだ。得点にこそつながらなかったが、今季10戦で1度も勝てていないソフトバンク相手に気を吐いた。
 守備でも魅せた。五回、本間の放った打球は三塁側フェンスギリギリの難しいファウルフライ。一歩間違えばカメラマン席に突っ込んでしまう距離だ。それでも今岡はちゅうちょすることなく、一直線に打球を追った。スライディングキャッチで好捕し、観客を沸かせた。素早く立ち上がり、当然といった顔で定位置へと戻った。南社長の見守る目の前で、攻守に躍動した。
 試合後はいつものように「ノーコメント」を貫いた。2軍でいくら打とうとも気持ちが休まる時間はない。ただ復活だけを見据え、戦いを続けていくだけだ。
 8月の北京五輪野球には、阪神から新井、矢野らの選出が想定されている。右打者2人が抜けるとなれば、同じく2軍にいる桜井、フォードらにもチャンスが出てくるが、最も大きな期待を寄せられているのはやはり今岡だ。05年に打点王を獲得するなど実績は十分。完全復活を期した今季、いつまでも2軍でくすぶっているわけにはいかない。
 五輪期間中だけではない。この日、林が左ひざの負傷で出場選手登録抹消。5番打者の思わぬ離脱によって、“本家5番”として今岡にかかる周囲の期待はさらに大きくなっている。その期待に応えるため、一刻も早い復活が待たれる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000022-dal-base
************************************************************
今岡選手が1軍に復帰すればオリンピック開催中も阪神の強さは変わらないかもしれませんね。


大阪市淀川区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/l.html
posted by oosaka2008 at 15:49| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

阪神が巨人たたきクライマックスM55

<阪神5−3巨人>◇8日◇甲子園
 阪神が巨人をたたいて、クライマックスシリーズ(CS)進出マジックナンバー「55」を点灯させた。猛虎打線がこの日も爆発し、11安打でリーグ戦再開後の全9試合で2ケタ安打。リーグ優勝した05年8月9日から17日までの8試合連続を上回る球団新記録だ。守護神藤川が思わぬ形でもたついたのが一抹の不安だが、最速なら11日にVマジック「53」も点灯する。
 無心で振り抜いた。ナインがつくってくれた最高の舞台。阪神関本賢太郎内野手(29)が満員のスタンドを沸き上がらせた。4回だった。2死から満塁となって回った打席。タイミングを外しにきた外角へのチェンジアップに食らいついた。右前へ転がる3点目のタイムリーだ。
 「2死からのチャンスやったし、追加点が欲しい場面だったから。タイミングは外されたけど不思議といいところに飛んでくれた。最近満塁でよく回ってくるけど、余計なことを考えないで気楽に打席に入っているのがよかった」
 うれしい適時打がプロ12年目で到達した節目の500本安打だった。関本は初回と6回にも左前打を放ち、ペナントレース再開後の9試合で、実に4度目の猛打賞だ。派手さはないが球団新記録となる9試合連続2ケタ安打記録樹立の功労者だ。一塁走者になってからは、バーンサイドからボークを誘い、公式戦初対戦の助っ人をKO。バントの名手らしい渋い働きだ。
 もう1人、脇役が光った。8番三塁でスタメンのバルディリスだ。5回にチーム10本目の安打となる左前打を放った。これでチーム新記録となる9試合連続2ケタ安打の達成だ。球団史にその名を刻んだ優良助っ人は「チームとして打ったものだよ」と控えめだ。
 6日に来日初本塁打を放ち、記念の1号ボールは母国の両親に送った。7日には「くいだおれ」閉店カウントダウンで盛り上がる大阪・道頓堀を訪れ、タコ焼きをほおばってリフレッシュ。「こんな素晴らしいファンはいない」という甲子園に戻り、魅せた。
 これでチームは今季初の7連勝。クライマックスシリーズ進出へのマジック「55」を点灯させた。2位中日とのゲーム差は今季最大の12・5に広がった。
 それでも岡田監督に慢心はない。「だれが打っているというわけではなく、イニングの先頭(打者)とか、皆が役割をできている。その積み重ねが数字になっている。でも(マジックは)全然考えてない。関係ないわ」。浮かれるのはまだ早い。その気持ちはナインも同じ。常勝軍団に隙(すき)は見あたらない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080709-00000030-nks-base
************************************************************
本当に今の阪神は強いですね。このまま独走で優勝確実でしょう。


大阪市東淀川区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/m.html
posted by oosaka2008 at 14:15| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

いざ1軍復帰!平野「200%」全開宣言

200%のプレーで、目指すは優勝ただ1つ!「右内側腓(ひ)腹筋損傷」で戦列を離れていた阪神・平野恵一外野手(29)が、8日の巨人戦(甲子園)から1軍復帰を果たす。5月28日のロッテ戦で負傷して以来、41日ぶりの1軍戦に「200%の力でいく」と全開宣言。前半戦の快進撃をけん引した、虎のガッツマンが聖地に戻ってくる。
  ◇  ◇
 体内からあふれ出るアドレナリンを抑えることができない。もう我慢をする必要はないのだ。「ケガをするといろいろ考えるんです。むちゃに走ってはいけないとか。でもやっぱりゲームになるとそういうことは言っていられない。僕は200%の力でいくと思う」。平野がいよいよ1軍に帰ってくる。
 代名詞とも言えるヘッドスライディングに象徴される全力プレー。ケガをしたからといって、その姿勢は変えない。「それ(全力プレー)がなくなると、僕じゃなくなるということ。精一杯のプレーでケガをするのは仕方のないことですから」と力強く言い切る。4日のウエスタン・中日戦の実戦復帰から3試合で、まだフル出場はない。だが安打も放ち、全力ダッシュを見せており不安はない。
 もちろんケガのリスクは重々承知の上。「『大丈夫か?大丈夫か?』と言われながらやってきて、ケガをして『そらケガしたじゃないか』と言われるのが一番悔しかった」。2軍でのリハビリ中、患部の状態が良くなっても「慎重に」と自分にブレーキをかけてきた。これ以上周囲に迷惑をかけるわけにはいかないという強い気持ちがあったからだ。細心の注意と入念な体のケアで、ケガの危険性を最小限に抑えていく。
 平野が離脱してからも、チームは好調を維持し白星を積み重ねてきた。「中途半端で(合流して)流れが変わるということだけはしたくない」と言うが、ガッツあふれるプレーで、さらにチームの勢いは増すはずだ。「勝つために少しでも、という気持ちは、今までもこれからもずっと一緒です」と、勝利への執念をむき出しにした。プロ7年目にして初めて迎えた優勝のチャンスは逃さない。
 「阪神に命をかけるつもりでやっていく」。身も心も縦じまと化した、正真正銘の虎戦士。優勝の栄冠をつかみ取るその日まで突っ走るだけだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000024-dal-base
************************************************************
ただでさえ絶好調の阪神に平野選手が復活とは、鬼に金棒ですね。巨人戦では圧倒できるのではないでしょうか。今の阪神に死角なしという感じでしょう。


大阪市此花区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/d.html
posted by oosaka2008 at 12:32| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

アニキ弾で50勝!虎11日にもM53点灯…阪神

◆横浜7−8阪神(6日・横浜) もはや、誰にも止められない−。阪神は9回2死からの大逆転劇で、両リーグ通じて50勝一番乗りを果たした。3点を追う9回2死から連打で1点差に迫り、最後は金本が逆転2ラン。球団タイ記録の8試合連続2ケタ安打もマークするミラクル勝利で今季2度目の6連勝。最短で8日にもクライマックスシリーズ進出マジック、11日には優勝マジックが点灯する。

 控えめに突き出した右腕に、3年ぶりの優勝への手応えを込めた。一塁を回った金本は思わず、禁を破った。「相手に失礼だから」とサヨナラ打のときにしか見せないガッツポーズを「展開が展開やったからな」と解禁。大逆転の15号2ランで、Vへの懸け橋をくっきりと描いた。

 3点差で「あと1球」。9回2死一塁、2ストライクからドラマの幕を開けた。関本が横浜・寺原から左中間適時二塁打。続く新井も追い込まれたが「セキがつないでくれたし、ボクも金本さんにつなぐことだけを考えた」と、直球を右翼線にはじき返す適時二塁打。千両役者に最高の舞台を用意した。

 「アイツで終わると思ったのにな。アッチ向いてホイ(振り遅れ気味)で打ちよったな」弟分の執念打に、アニキが応えないわけがない。2球目の外角直球を完ぺきに捕らえ、今季2度目の6連勝を決めた。

 同点の8回、ウィリアムスがまさかの3失点。「流れが悪かったのにな。あきらめんとやった結果や」岡田監督も黒星を覚悟した。だが、8試合連続2ケタ安打で球団記録に並んだ打線に「みんながつなごうとしている」と、目を細めた。

 両リーグ最速の50勝。阪神史上、2003年の72試合に次ぐ74試合目での50勝到達で、最短で11日にも優勝マジックが点灯する。5年前とどちらが強いのか。金本は「強さは分からんけど、今年の方が開幕からしっかりとチームの形ができている」という。JFK擁する投手陣の必勝形と、不動の3、4番を中心とする打線。岡田監督も「今日の新井も(同点)本塁打なんて狙ってないもんな」と指摘した。今年の猛虎打線を象徴する、ミラクル勝利だった。

 ◆M点灯は最短11日 中日、広島が敗れたため、阪神は11日にも優勝マジックが点灯する。最短点灯は、8日からの巨人3連戦、11日の広島戦で阪神が全勝し、中日が8日からの広島3連戦で2勝1敗、11日のヤクルト戦で敗れた場合、中日を対象に「M53」が点灯する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000088-sph-base
************************************************************
もう笑うしかないような勝ち方ですね。強すぎる。この調子で行くと年間100勝という夢のような優勝があるかもしれませんね。


大阪市西区ホテル宿泊施設情報
http://oosaka.tumabeni.com/f.html

posted by oosaka2008 at 08:52| 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。